FC2ブログ

夏色キセキ 最終話
ついに終わっちゃいました。開始まで長かったけど、始まってしまったら
あっという間の12話でしたねぇ。

(以下、ガッツリとネタバレ)
“夏休みが終わらなければいいのに”
この願いを叶えた御石様のキセキで、
“終わらない8月26日”が始まりました。

再度オーディションが受けられる、と喜び挑むもまた優香が失敗^へ^;
そのまた次もw 画を使い回しているようで、夏海の差し出すドリンクが
毎回変わっていますね。
そのうち、オーディションへ行かずに、海やテニスと遊びだす4人。
次第にこのキセキの終わりを望み、悔いを残さないよう、
ミス無くオーディションを終えて、眠らず日付を跨ごうとしても、キセキは終わらない。
凛子の考えた“(今後一切を含む)御石様のキセキとお別れする”願いで、
キセキと夏休みが終わりを迎えるのでした。
4人以外の人も各々の暮らしをループしているのではと、考えちゃダメだ、ダメだ・・・

「終わらないものは、思い出になってくれない」
この紗季の言葉が全てです。
終わらなければイイのに、と思うことはあるけれど
終わるからこそ、一所懸命になる。
願うだけでは叶うことばかりじゃないから、やり直しが出来ないから、全力になる。
あれ?耳が痛い( ´△`)アーアー
その反面教師な働きを担った御石様との決別が、
“御石様への願い”というのが面白いです。
また、一番御石様のキセキを頼っていた優香が真っ先に進み、
夏海が一番躊躇っているのも、なかなか深く思えます。
結局オーディションは不合格となり、紗季も予定通り引越しとなりました。
けれど決して哀しい夏休みではなく、ひと夏の淡い思い出となったことでしょう。

あと・・・凛子母主役でスピンオフが作れるんじゃないですか?
そして、ラストシーンでの優香のシャツに釘付けだよw

20120629_2.jpg

20120629_1.jpg

これでオーディション合格しアイドルデビュー、
紗季の引越しがナシになったら興醒めなので、イイ終わり方だった思います。
全般的に、御石様のキセキは“トンデモない”効果なのに、
結果4人以外にとっては、“トンデモなくない”その微妙さが
堅苦しくない展開で、ほっこりと穏やかに観られた作品でした。
スフィア補正を考慮しなくても、楽しく観られました。作画を除いてはね!!^m^
関連記事
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012夏の準備

アニカンもらってきた

comment iconコメント

comment avater

くるみパン。

優香のシャツはここを読むまで気が付きませんでした。
というか・・・御石様のキセキとお別れするシーンではなぜか目から汗が・・
まぁいまの時期暑いですからねぇ。真剣に観ているとw
語りたいことはたくさんあるので感想メールでどこをポイントにまとめるのかタイヘンでしたw
でも改めて考えると4人が主人公なのですが、1人1人えお主人公とすると
それぞれがまったく違うベクトルで過ごしている夏休みなんですよね。
紗季ちゃんのためにいい思い出を作ろうとする3人の考えは同じですけど。
でも・・クレジットの最初が夏海だし、夏海達のって言葉もあったので・・・
4人の中の主人公はやっぱり夏海なんでしょうかね?
最高の作品でしたね。よくまとまっていたし。
これでBDの作画がリテイクされていたらもっと最高なんですけどねぇw

2012/06/30 21:51

comment avater

ポルカ

同じく、送る感想がまとまらずに苦慮しています^ヘ^
ぶっ飛び過ぎて収集がつかない作品が多いなか、
イイ意味で無難にまとまったと思います。
子供が観られる時間帯で放送すればいいのに、とも思いますね^^
夏海中心の描かれ方が多かったから、あえて主役を選ぶなら
夏海でしょう。個人的にはo( 〃゜▽゜〃)ゝ<サキー!!ですけどね!
BD/DVD2巻で、画の崩れが顕著になった第3話に注目しないと。

2012/07/01 00:30

コメントの投稿