FC2ブログ

冒頭のコントは時事ネタを織り交ぜつつ、
気が付けばアドリブで戸松さんへの尋問にw
「舞台の時、まろ眉毛だった」
「手帳が汚い」
「財布がレシートだらけ」
「運転の時30km/hしかださない」
「雨の日なのに、濡れたら汚れる靴を履いてくる」
と責められる戸松さんww
それに反攻して
豊崎さんへ「ライブのグッズがよだれだらけ」
高垣さんへ「マニキュアを、すぐガリガリ剥がす」
寿さんへ「髪の毛の先がたまに学校に放置されているホウキみたい」
ともはや泥仕合。
役を演じつつも素のセリフが面白かったです。

今回、「深夜の当たり前」コーナーは「声優の当たり前」という
スペシャルコーナーとなり、声優としての2択に答える内容でした。
新鮮でよかったですね。

投稿をしていたソロコーナーでは、「スナック『Love is Life』」で採用頂きました。
「常連客のルイージ」は、設定からしてきっと4人にはウケると思っており、
内容的にも「戦隊もの」・「バンマス」と由縁のあるワードを使い、
ルイージも豊崎愛生さんも緑色であることを活かしたものです。
自分としても、この回向けにつくった投稿の中では一番お気に入りで、
これが採用されたら他はイイや、くらいの気持ちでしたので、
とても満足しています。
来月も、これだけ気に入る投稿をつくりたいな^^

7月16日土曜日に開催される
「戸松遥のココロ☆ハルカス」&「寿美菜子のラフラフ」公開イベント2016の
チケット発売が、各番組終了後の24:30&25:00からスタートしました。

実のところ、今回は参加を見送ろうと思っていました。
4月から始まったindividualツアー~The Key to Lovin'ツアーでお金を多く使い、
且つ家庭がありながら週末自宅不在が続いたので(^。^;)

なのでチケット発売時間は高みの見物をしていたのです。
すると、ココハルのチケットが瞬殺とのこと。
会場のキャパは410。
いくらなんでも、そんなに早く完売するものだろうか? 疑念がありました。
そして、これは「特有」の「ある時間経てば放流される」パターンだろうなと
思いました。
予想通り、20分くらい経った頃にTLで「復活している」との内容をみつけ
ローチケを覗いてみたら、完売の表示は無くなり購入可能の状態に。
なんとなく申し込みをしてみたら、「を列」の表示。
「を!?」 50音順で最後の文字。
そんなに列なかったでしょ!?
調べてみたら、この会場はイロハ順で、「を列」はちょうど真ん中の12列目。
前が通路になっており、足元が広々見易そうな席です。
「どなたかに譲る」つもりで確保しました。

先着販売のチケット取りに関しては、そこそこ自信と経験がある身として
個人的興味で25時発売に参加してみました。
ファーストアタック。「ら列」、後ろから2列目!?
そんなバカな。確保せずにやり直ししました。
次の画面では完売の表示。わかってる。これからが腕のみせどころよ。
何度かトライしているうちに出た表示は「な列(後ろから3列目)」。スルー。
18分頃、「ろ列(2列目)」即確保。

2列目が取れた以上、行くしかあるまい!!
という事で、移動の往復夜行バスも確保して、
ココハル&ラフラフイベントに急遽参加決定しましたw

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

あれれ? 翌日は、The Key to Lovin'神奈川公演じゃないか。

一泊すれば参加できるのに、帰るのかオレ!?

スフィアポータルスクエアで不定期におこなわれる
メンバーのサイン・メッセージ入りフォトプレゼント。
昨日、一度に10枚分の応募受付がはじまりました♪
20160618_1.jpg
これまではその都度、氏名住所などの入力を要しましたが
豊崎さんの2種・高垣さんの3種・戸松さんの1種・戸松さんの4種は
1度の入力で済むようになっていました。
これは楽チン♪ 

この次は、会員ログインしてるのだから入力無しで応募できるように
改善をお願いしますよ(⌒~⌒)

7月10日に開催される「豊崎愛生のおかえりらじお公開イベント」の
先行抽選結果が発表されました。

「スーパーあきちゃんねるSP」に付属されたシリアルで両回の申し込みが可能。
2枚発売されたため、2シリアルで昼夜とも1枚ずつ申し込んだところ。

全部当選。

twitterのタイムラインを見ても、落選という人は1人見たかどうか・・・
正直ここまでとは思いませんでした。
私と同様に余らせている人も見られます。
当日どれだけ空席が出るのか心配です(;´・ω・)

検定通過情報が出ていた「パチスロ 戦姫絶唱シンフォギア」の
超先行映像がメーカーチャンネルで公開されました!

実はわたくし、現在みたいに深夜アニメや声優さんにハマる前、
パチスロばかりをやっていた時期がありまして。

再びホール通いする日が来るか!?

「Teamゆーたくのアニつく!」で採用頂いた際のノベルティ、
その名も「ステッキーステッカー」が届きました!







20160615_1.jpg
「赤ちゃん」wwww

これはヒドイ!(*ノ∪`*)


これは江口拓也さんの画らしく、小野友樹さんの画もあるそうです。
そちらも狙ってみるかな(´∀`*)

6月12日、大阪・オリックス劇場で開催された
豊崎愛生3rdコンサートツアー「The Key to Lovin'」へ行ってきました。
20160614_1.jpg
雨で開場待ちも大変><

座席は、1階7列ヽ(^◇^*)/
かなり下手側の席で花道近く。
「これ、花道に来てくれたら、すっごく近いなぁ」
「あれ?ステージから花道へ渡る為の台が置いてあるぞ!?」
と、淡い期待を抱いておりましたとさ。

1.銀河ステーション

~M.C.~
この大阪でツアー折り返しとな。(゚д゚)!

2.シャムロック

3.ぼくを探して

~M.C.~
豊崎「オリックス劇場って、スターウォーズ感がありますね。
黒と白でトルーパー感が」


大阪の人?アンケート。半数以上いましたね。

豊崎「散歩といえば小話がつきもの」と、
ステージに腰かけ話し出す。
豊崎さんは徳島出身だけど、テレビ番組は関西の放送局が映っていたため
半分関西人のつもり。
豊崎さんの思う「大阪あるある」
・なんでも「ちゃん」をつける。
豊崎「アメちゃんとか、おばちゃんとか」 おばちゃん?
・救急車やパトカーのサイレンが聞こえると、
「お前を迎えにきたんちゃう?」と言う。
これは小学低学年あるあるかな?

豊崎「平井さん?」
平井「!?」
豊崎「“関西電気保安協会”って言ってください」
平井「関西電気保安協会・・・」
客「あー。↓」
豊崎「(バンドメンバーで)大阪の方いらっしゃいっます?」
ベースの岡さんが、大阪府高槻市出身だそう(私が今住んでいる市)
豊崎「岡さん、高槻出身なんですか!」
豊崎さんの口から「高槻」という単語が出て、素直に嬉しかったw
話は戻り
豊崎「(客席に向かって)さんはい!」
客「♪かんさいでんきほーあんきょーかい!」
豊崎「(平井さんと籠島さんが)きょとんとしてる(笑)」
豊崎「じゃ、籠島さん、“ホテルニューアワジ”と言ってください」
籠島「ホテルニュ~~アワジ」
客「あー。」
豊崎「惜しい(笑) さんはい」
客「♪ホテルニュ~~アーワ~~ジ~~」
豊崎「というローカルCMがあるんですよ。
東京で口ずさむとハァ?って顔されますけど(笑)」

2012年のSolt大阪公演時に、高垣彩陽さんがホテルニューアワジのCMを見れた!と
話し歌っていたので、籠島さんも聞いたことはあるはずw
http://motomotoanime.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

豊崎「関西電気保安協会の方、いらっしゃいます?」
誰もおらず。割とお年を召した方が多いイメージがありますね。

豊崎「通天閣も好きですけど、次の曲は東京タワーを歌った曲です」の紹介から
4.タワーライト

5.ポートレイト

大阪は多忙な大学生時代を過ごした場所で、
ポートレイトを歌いながら、その頃をふと思い出した。

豊崎「初心に帰る懐かしい曲です」の紹介で
6.Hello Allo
今回の会場限定曲。
1stツアーでの最初の曲。私自身も最初の神戸公演を懐かしく思い出しました。
「たくさんの笑顔」という歌詞が大阪っぽいと思って選んだそう。

7.おさんぽの唄
会場ごとに変わる楽団名、今日は「たこやき楽団」

イケイケラッパを首から下げようとするも、ひもが帽子に引っかかってしまい、
結局手持ちにw

今回は歌詞の「ショート似合うかなぁ」が「なんでやねーん!」、
「あ、いいキャラ思いついた」が「帰りに豚まん買って帰ろう」とアドリブに。

「♪トゥルルトゥトゥトゥールルー」が大阪バージョンにはなりませんでした。

最後の「パフ」がやや不発。
納得いかずに終わってからも「パフ」を連発
豊崎「こう見えて奥が深いんですよ・・・」

今日は、関西出身の寿美菜子さんにちなんで
髪の一部に紫色のメッシュをいれた。
豊崎「今日もみんなが始まる寸前までLINEで応援してくれて、
私が描いたスタンプが沢山届きました(笑)」


8.トマト

9.ほおずき

「トマト」をつくってくれた「じんプラットホーム」さんは、元ズータンズ所属。
豊崎さんが大阪マルビル地下にあるタワーレコードで初めて買ったCDが
そのズータンズのCD。
「ほおずき」をつくってくれた「蔡忠浩」さんは大阪出身。
という大阪繋がり。

10.春風 SHUN PU

最初、こんなみんなで歌う曲になるとは思っていなかったそうです。
豊崎「いまではウイーン少年合唱団みたいに(笑)」

11.恋するラヴレター
今日は最初から歌う前に上着を脱いだw

平井さんも一緒に叫んでいましたw

12.オリオンとスパンコール

13.叶えたまえ

14.Uh-LaLa

15.ディライト

~M.C.~
大阪で暮らしている頃は、
レッスンで疲れたりオーディションに落ちまくったりだったけど、
この大阪の街と人のおかげで頑張れたという、
大阪の人にはありがたいお言葉(ノω`*)ノ

16.クローバー

~アンコール~
舞浜・名古屋より声が出てたかな?

17.music
下手側の舞台袖から登場した豊崎さん。
歌いながら花道へ!?
座席の高さもあり、ほぼ目の高さが合うモーレツに近い位置で
愛生さんが見られました!!もちろん目も合いました(´∀`*)

~M.C.~
豊崎「昨日から笑いがとまらない(笑)
あ、でも銀河ステーションは頑張った!」


グッズの話。
スノードームをつくるにあたり、よだれむし立体化の為
上下前後左右からみた図を描いたが、
「これ対称になってないけど、いいんですか?」と言われたらしいw

新曲情報
ジャンルは、ブリティッシュロック。
この日デモテープを聴いたそうな。
カップリング曲は、おさんぽの唄の続編になるかも?
この会場でCDを予約するとウチワが貰え、持っている人多数。
豊崎「どんな曲かわからないのに予約したの!?」 こらw

18.片想いのテーマ
会場限定曲。
2ndツアーでも、大阪での限定曲でしたね。

19.letter writer

~M.C.~
豊崎「いま“明日また君に会えますように”と歌っておきながら
次の曲で“約束も何もないけれど”って歌います(笑)」
 ^^;

20.一千年の散歩中

挨拶後、バンドメンバー退場。
マイクオフで豊崎さんが叫ぼうとした瞬間に声かけたヤツ、猛省せよ。

豊崎さん自身、とてもリラックスしたような雰囲気の大阪公演でした。
トークもふわふわ長めの感じだったし。
次は徳島。また楽しいコンサートになりそうです(^^♪

6月11日、愛知県芸術劇場大ホールで開催された
豊崎愛生3rdコンサートツアー「The Key to Lovin'」へ行ってきました。
20160613_1.jpg

座席は、2階5列。
1階の延長のようなつくりなので、1階22列とも考えられ。
舞浜を出発して2か所目・3公演目の今日は、
初のステージセットを組んでの公演となるため、そちらの演出も興味津々でした。
窓のように細く縦長のスクリーンが5面。
真ん中が大きく、左右に2面ずつ並んだスクリーンは小さめ。
ハの字型に並んだバンドメンバーの上部には、左右3つずつの小さなランプが吊り下げられ
そのランプ本体もスクリーンになっていました。こまかい!!
バンドは下手から、ギター・平井さん、キーボード・籠島さん、
ドラム・杉野さん、ベース・岡さん。

セットリストは、会場限定曲を挟む点含め舞浜と変わらず。
M.C.のタイミングも同じでしたね。

1.銀河ステーション
暗転のなかSEからの豊崎さん登場。
イントロとともにスクリーンには流星が。
「あ、いい」
素直に感じました。

~M.C.~
名古屋の人アンケート
2・3割くらいでしょうか。

2.シャムロック

3.ぼくを探して

~M.C.~
名古屋といえば、はるちゃん(戸松遥さん)
なので、右耳あたりの髪にオレンジ色のメッシュをいれた。
もうひとつ、豊崎家的には名古屋はお姉さんが就職した先。
そしてお姉さんの旦那さんとの顔合わせを、名古屋のホテルでおこなったそうな。
お姉さんは美人で、これまで付き合ってきた男性はイケメンばかりだったが、
旦那さんは
豊崎「いい人(笑)」 あ・・・
キョウコさん(お母さん)が、泣きながら
「うちの娘が、顔じゃなくて性格で選んで・・・・・・・」と面と向かって話したのをきいて
愛生さんとお父さんは「まじかー(それ言っちゃう?)」と思ったらしい。

その相手の両親への挨拶話つながりで、平井さん、
平井「挨拶の際は、髪を(金髪から)銀色に染めていきました(笑)」 それでもw
平井「自分が親だったら、こんな髪色の男が来たら、帰れ!って言っちゃいます」

4.タワーライト

5.ポートレイト

6.Dill

7.おさんぽの唄
会場ごとに変わる楽団名、今日は「しゃちほこ楽団」

今回は歌詞の「ショート似合うかなぁ」が
「実際、みゃーって言ってるの聞いたことありません」、
「あ、いいキャラ思いついた」が
「あ、すると猫はみんな名古屋の人!?」とアドリブに。

「♪トゥルルトゥトゥトゥールルー」が「♪ミャミャミャミャミャーミャミャー」と
名古屋バージョンにチェンジw

8.トマト

9.ほおずき

10.春風 SHUN PU
曲が始まる前に、ペンライトをピンクにする人がちらほら。
豊崎「もうピンクにしてる(笑)」
イントロと共にここでようやく立ち上がる客。
確か舞浜昼は座ってましたね。夜は立ったけど。
立った方が歌いやすいしね。

ラストの「♪幸せ数えて花が舞う~~~~~」を
豊崎「いつもより延ばしてみました」とSっ気がちらり

11.恋するラヴレター
舞浜では始まる前に脱いでいた上着を、忘れていたようで間奏中に脱ぐw

曲中にバンドメンバー紹介

12.オリオンとスパンコール

13.叶えたまえ

14.Uh-LaLa

15.ディライト

~M.C.~
豊崎さん自身、お姉さんの言う通りや同じことをしてきて、
自分で決断したことは無かったが、唯一自分で決めたのは「声優さんになること」。
自分で決断したことは、一番自分の味方になると信じている。

これは私も近い思いはありますね。
自分が信念を持って決めた事は自身を持ち、
それが間違いな結果が出たとしても、決めたことを悔いることはしないと。

16.クローバー

~アンコール~

17.music
さすがに客席から登場することは無かったです。

~M.C.~
今日は、半笑いのままコンサートをしていたとww

ここで新情報!
14枚目のシングルが8月31日に発売決定!
舞浜で話していたのは、あの楽団パートでちょっとした曲を作るのかと思ったら
ガッツリ新曲だったのですね(;´・ω・) 勘違いしてました。
各会場で情報を小出しにして、
できればツアー中に披露したいと“思っている”(←ココ大事)
たぶん、ファイナルで歌うんじゃないかな・・・

18.See You Tomorrow

19.letter writer

~M.C.~
豊崎「歌詞にも出てきますが、みんなは私の“花束”です

20.一千年の散歩中
スクリーンの演出がとても歌の世界に合って、大サビからの展開には感動しました。

豊崎「あー、終わっちゃったー。あ、心の声が出ちゃった(笑)」

最後は、バンドメンバーと一列に並び挨拶。バンドメンバーは退場。
豊崎さんが再びマイクオフで挨拶。退場。

終始、豊崎さんもバンドメンバーも観客も笑顔のコンサートでした。
ステージセットが出来てスクリーン映像が使われたことで、
より一層楽しめますね。
あの小さいランプまでスクリーンとは、おしゃれだなぁ。

戸松遥さんが表紙の声優アニメディア7月号を買ってきました。
20160611_2.jpg
ベストアルバム新録曲のミュージックビデオ撮影風景・インタビューに加え、
露出高い衣装での写真が多数(´∀`*)
これは素晴らしい♪
私が一番好きなのは、赤い衣装でうつ伏せてカメラ目線のやつです。(右ページ3段目ね)
キメ顔の多い写真が多いけれど、
やっぱり、ちょっとふざけた笑顔の戸松さんがイイですね。

スフィアの「千里の道も四歩から」は「輪投げ」
前半、誰も入らなくてどうなるかと思ったww

高垣彩陽さんのindividualツアー中野公演のレポートが2ページ掲載。
次のステージが待ち遠しい♪

戸松遥さんのインタビュー記事が掲載された
「フリーペーパー・アニカンVol.164」を頂いてきました。
いつもありがとうございます(*´∇`*)
20160611_1.jpg
この面を含めて全部でカラーで三面。
ベストアルバムの曲や新録曲のミュージックビデオについて語られています。

高垣彩陽さんのindividual中野公演のレポートも載っています^^
あれから、もうひと月たったとは。