FC2ブログ

チャージ730! 10回目の出演。
今日はモノトーンで、ブラウスがなんとなく参観日のお母さん風でしたねw
前回からこちらの地域では放送時間中に「コンビニチャージ」の
コーナーが無いせいで、愛生さんの出番が少ないなぁと。
大橋アナ・林アナ・ゲストのトークにも何となく入りづらそうな感じを受けます。
また構成変わってくれないかなー。


なんで、おからじでのバゴォーンを知ってる!?
スポンサーサイト



六行会ホールへ、高垣彩陽さん出演の「探偵シリーズ 元カレ」を観てきました。
20150608_1.jpg
20150608_2.jpg
会場入り口からして、結婚式の雰囲気づくりをされていました。

高垣さん演ずる佐藤カンナは、ストーリー序盤に殺されてしまう花嫁です。
その後、元カレが語る回想において登場はしますが、
舞台奥の扉のむこうだったり、前へ出て来ても後ろ向きだったりで
基本的に表情が見えません。
なので「表情の演技」も観たかった私としては少し残念な気持ちです。
ただこれはストーリーの根幹である「元カレの主観によって大きく異なるカンナ像」ゆえに
必要以上の印象を観客に与えない意図があるのだろうとは感じました。

(軽いあらすじ・便宜上、役名でなく職業名で表記します)
山上のアクセスが困難な教会で開かれる結婚式。
その大学時代の友人の結婚式に招かれた助手のもとへ届いた案内状は、
他の友人と内容が異なっていた。
何かを感じた探偵は助手と共に早々に教会へ訪れる。
居たのは、新郎に加えミュージシャン・公務員・政治家の息子・商社マン・整形外科医の5人。
助手は、友人のミュージシャン・公務員へ挨拶したのち、
同じく大学時代の友人であった新婦へ会いに行くが、既に新婦は亡くなっていた。
青酸系の毒物によるものであった。
探偵による尋問の末、5人は全員新婦の「元カレ」であり、
それぞれ動機となりうる思いを抱いていた。

回により犯人が変わるマルチエンディング。
私が観劇した回は「政治家の息子」が犯人でした。
思うところは色々あります。
結局この元カレ5人を早い時間に呼び出したのは新郎でした。
なぜか? 新婦から元カレのことを全て聞いたとされる新郎は
会って知りたいと思う人物像を聞かされていたのでしょうか。
別れ方・離れ方を鑑みれば、会うこともそうだけど新婦に会わせることも
危険を感じるべきではないかと思います。
そして、元カレたちが会いに来た新婦の心境たるや。
やっぱり単純に新郎の不安や疑念が招いた事件だなと。
裏を返せば、誰かが手をくだすことを見越してのお膳立てという
邪な見方もしてしまいます。
それだけ私は新郎に対して苛立ちを持ちました。
自分に自信持てよ、カンナの思いを信じろよ、カンナを守ってやれよ!と。

劇の組み立てとしては、同じセリフでも最初の状況と、
真実をあらわにした状況では全く異なるという見せ方に感嘆しましたね。
クラブでのやりとり、政治家云々の話と思わせておいて実はT連合との縁切り。
クラブへカンナを訪ねてきたシーン、姿を消した寂しさで探しているように見せておいて
実は激昂して探していたりと。
こういう見せかた好きです。途中かなりぶっ飛ぶシーンに目が点になることもありましたが
総じてとても楽しめました。DVDの申し込みも済ませました。
少なくとも観ていないエンディングが1つ観られるのが嬉しいです^^

最後に、
いろんな顔を見せた新婦・カンナ。ふと観劇前の自分のツイートを思い出しました。

我ながら言い得て妙だ^^

みなはるあきからのお花!
20150608_3.jpg

晴レルヤからのお花!
20150608_4.jpg

購入したパンフレットと、ブロマイドのごく1部^^b
20150608_5.jpg