FC2ブログ

11月13日に神奈川県民ホールでおこなわれた
「TIGER & BUNNY」HERO AWARDS 2011の、ライブビューイングへ行って来ました!!
参加したのは夜の部、場所は大阪府茨木市にある「ワーナーマイカルシネマズ茨木」です。
当日券も出ていたことだし、そんなに大勢来ていないのかなと思い、
18:30開演のところ17:00に到着、のんきにパンフレットを買いに向かったらば!
20111113_1.jpg
なん・・・だと・・・
店員に尋ねてみた。
私「パンフレットは、“夜の部”用にまた販売するんですか?」
店「いえ、完売でもうありません」
私「夜の部だけ見に来た人は、買えないってことですか」
店「すいません」
そりゃないわー、昼の部・夜の部分けているなら、ちょっと考えてよー。
当然、私以外にも同様のやりとりをおこなう人が、その後多々おりました。

気を取り直して、内容!以下公式のコピペ
出演者(予定)
平田広明(ワイルドタイガー/鏑木・T・虎徹役)
森田成一(バーナビー・ブルックスJr.)
寿美菜子(ブルーローズ/カリーナ・ライル)
楠大典(ロックバイソン/アントニオ・ロペス)
伊瀬茉莉也(ドラゴンキッド/ホァン・パオリン)
井上剛(スカイハイ/キース・グッドマン)
岡本信彦(折紙サイクロン/イワン・カレリン)
遊佐浩二(ルナティック/ユーリ・ペトロフ)

出演アーティスト(予定)
UNISON SQUARE GARDEN
藍坊主
NOVELS
珠妃

津田健次郎さん(ファイヤーエンブレム/ネイサン・シーモア)は、
女子大での仕事のため欠席。VTRでちょくちょく出演。
しかし、ラストにギリギリ間に合って登場

・ライブビューイング会場だけの映像、開始前と終了後に舞台袖の出演者から挨拶

・斎藤さんから注意事項。お約束の小声で聞こえません。
拡声器を装着したらしたらで、声が大きすぎて聞き取りづらかったです。
この会場だけかもしれませんが^^;

・登場時、みんな「TIGER&BUNNYの●●のほう、(名前)です。」という挨拶。
平田「~の、今日をとても楽しみにしていたほう、」
森田「~の、クールに見えて実はテンションが高くなっているほう、」
寿「~の、今日のためにネイルをブルーにしたほう、」
楠「~の、王様ハラミが大好きなほう、」 楠さんはこの後も王様ハラミ推しです。
伊瀬「~の、夜もとってもテンション上がってるんだよ♪のほう、」キッド風です
井上「~の、魔法使いじゃないよ、風の魔術師だよのほう、」
岡本「~の、同じコピー能力の楓をライバル視しているほう、」カーテンから見切れながら登場
遊佐「~の、皆様の税金から給料をいただいているほう、」
自分として挨拶しているか、キャラとして挨拶しているか分かれてますね^^
寿さんは、PEPSI NEXを持っていましたw
男性陣はスーツ、女性陣はドレスで華やかでした。
寿さんのブログ「みなころび八起き」☆HERO AWARDS☆
http://ameblo.jp/kotobukiminako-blog/entry-11077813512.html

・今年一番活躍したHERO AWARDS 2011を決める体で、
各ヒーローの名ゼリフを紹介発表する。
司会は「ヒーローじゃねぇだろ」との理由で指名された遊佐さん。
ノミネートされたセリフの中から市民が選んだ「KING OF 名ゼリフ」を
実際にヒーローが発表するコーナー。2部構成で
前半:井上さん・岡本さん・楠さん・森田さん。

井上さん(スカイハイ)→ありがとう、そして、ありがとう!
遊佐「このカードに、KING OF 名ゼリフが書かれています」
井上「なんだってー!?
遊佐「ここは、そういう時間がかかることしなくていいです^^;」

岡本さん(折紙)→よっしゃ、見切れたー!
遊佐「このカードに、KING OF 名ゼリフが書かれています」
岡本「なんだってー!?」井上さんの天丼です
遊佐「だから・・・(省略)」
セリフを歌舞伎っぽく読み、
遊佐「かなり、モリましたね(笑)」
岡本「こんな言い方、やったことないです(笑)」

楠さん(牛角)→うし!
ノミネートセリフが全般的に短いセリフばかり。
しかも「うし!」はアドリブだそうです。
渡されたカードを一瞥して、ポイッ!
遊佐「見なくて大丈夫ですか!? 覚えられましたか!?」と煽るw
森田さんの煽りで、「うし!」のコール&レスポンスw

森田さん(バニー)→いつか虎徹さんに僕の作ったチャーハンを食べてもらおうと、練習してるんですからね
普通ならば「僕はバニーではありません、バーナビーです」が
くるはずなのに、作意を感じますね。
セリフを言おうとする背後で、井上さん・岡本さん・楠さんがワラワラ動いたり
真後ろに立つなど遊び放題。

ここで、森田さんを応援する為に駆けつけたゲスト登場。
遊佐「探しました。来てくれましたよ。」と再会バラエティ風の司会^^
上手のカーテンが開くと、変装した平田さん。
チャーハン皿とレンゲを持って「チャーハン食べたいぞー!」
森田「・・・・・・・・・」
唖然と立ち尽くす森田さんなめで、上手のカーテンを写すカメラアングルが、最高^^b

後半:伊瀬さん・寿さん・平田さん・津田さんビデオ・特別に遊佐さん。
遊佐さんの名ゼリフ発表時だけ、伊瀬さんと寿さんが司会を代理
遊佐さんの、みなさん緊張で膝が震えていますねというフリボケに、
伊瀬さん・寿さんまでノッて膝を震わせていたのが面白かった。

伊瀬さん(キッド)→ごめん、ボクがボーイッシュだから
カードを開ける時に「たぁ!」
遊佐「あれ? いまノミネートされた名ゼリフを一つ言いましたね」
遊佐「まさか、いまカードを読みました?」

寿さん(ブルーローズ)→私の氷はちょっぴりコールド、あなたの悪事を完全ホールド
他のノミネートされたセリフに「この豚野郎」
寿「こんなの、いつ言ったんだろう」
キッドじゃ言えない上から目線のセリフに、会場から伊瀬さんにリクエストの声が上がり、
伊瀬「この豚野郎♪」 \カワイイー/

津田さん(ファイアーエンブレム)→女子の底力をみせてあげましょう
VTRでは、発表を遊佐さんに丸投げするも、セリフを書いたカードが無いと
遊佐さんが困っていたら、時間差VTRで自ら発表。
遊佐「今とても陵辱感を感じています」

遊佐さん(ルナティック)→タナトスの声を聞け
伊瀬「では、発表をお願いお願いします・・・2回言いました」^^
カードを開ける時に「ファイアー」
平田「途中参加なのに、セリフ多いね。さっきの、うし!みたいなのが無いし。」
遊佐「弁護士の長い難しいセリフだったら、どうしようと思った。」

平田さん(タイガー)→ワイルドに吼えるぜ!
ここでも、平田さんを応戦する為に駆けつけたゲストが登場。
遊佐「当局で探しました」とまた再会バラエティ風。
当然カーテンが開くと、ヒゲ変装した森田さん。
中華鍋を持ってエアチャーハンを作りながら「ワイルドに炒めるぜ!!」
平田「うまい言い回しでしたね。」

・HERO AWARDSの控え室シーンを生アフレコ
斎藤さんが、爆弾をしかけたというオリジナルエピソード。
結局、トロフィーに爆弾型発表装置を仕掛けておいたのを
スーツアクトにより停止されるが、強制爆破する。
その内容は「劇場映画化!
2部構成で2012年に上映予定!
「1部がタイガー主役で、2部は斎藤さんが主役とか」
「タイガー&サイトー?」
「語呂だと、サイトー&バニーの方がぴったり」
「もしくは、サイトー&ベンとか(笑)」
「ベンのタクシーがCGで走り回る(笑)」好き放題言ってますw

結局、爆弾騒ぎのせいで審査員が避難してしまい、
HERO AWARDS 2011の受賞者はナシと言うオチ。
途中、上手の寿さんと岡本さんの間に、誰も居ないマイクが1本。
気にする寿さん、居なきゃいけないはずの井上さんが舞台に出てこなかったみたい。
井上さんのセリフの番になり、慌てて岡本さんが代返する事件w
その後、そぉ~っと井上さん登場。次のセリフはキメてました。

・過去の名シーンを生アフレコ
バニーの誕生日パーティーをしようと相談するシーン(5話)
最後みんなで腕を突き上げて「オー!」という場面、
アフレコしながら一人だけ本当に腕を上げていた、寿さん^^

ジェイクを倒したあとのシーン(13話)
追われる虎徹をルナティックが救うシーン(21話)
偽者呼ばわりされる虎徹に、またちょっとウルっとしてしまった;;

マベ事件解決後のシーン(25話)
井上さんの「ジョン!」にウケて、岡本さんが噛んでしまう事件w

・twitterコーナー。担当は新ユニット・折紙ロックハイ(岡本さん・楠さん・井上さん)
3人の質問に「#tb1113n」をつけてツイートする企画。
質問内容を振られた井上さん。
井上「ここは、パスで」
楠「パスって、なんだよー! 台本通りやれよー!」

岡本「昼の部も来た人?」と尋ねると、会場に結構大勢居て
岡本「じゃ、さっきの(名ゼリフコーナー)は茶番じゃないですか!」
遊佐「精魂込めた司会を、茶番と言うな!(笑)」正論だw

遊佐さんの司会は何点?
牛角フェアに行った人?
どの会場で観ている?
井上さんからの質問。井上さんは、かわいい?おもしろい?
楠「そんなの、この大きな場でやらずに、自分のtwitterでやれよ!」

・タイガーとバーナビーのスーツアクト
全くちゃちい物でなく、まるで実物のような出来です!ちゃんと光ります。

・これらの幕間にライブ
NOVELS「ミッシングリンク」(後期OP)→藍坊主「星のすみか」(前期ED)
→珠妃「マインドゲーム」(後期ED)→UNISON SQUARE GARDEN「オリオンをなぞる」(前期OP)の順。
珠妃さんは、ずっとキメて歌っていた姿からは想像できない、関西弁バリバリで明るく挨拶。
しかも中学生だそうで、エンディングは21時を過ぎていたため出演出来ませんでした。

・最後の挨拶、キャスト+アーティスト
キャストは、今回のグッズTシャツ&タオル&リスバン&サイリウム装備。
なぜか井上さんだけ、更にマント装備w 今日おいしいところをかなり持って行きます^^
井上「今日着ようと思って準備したのに、スタイリストさんが全部準備していて着れなかった」
森田さんと岡本さんが、マントの裾を持ってヒラヒラとなびかせていました。
女子大帰りの津田さんも、間に合って登場。
アーティスト登場時は、キャストがみんなかがんでヒラヒラと「手扇子」
森田さんの「下馬評では評価が低かったけど、1話の台本を読んで絶対面白くなると思っていた」と
いう言葉が印象的でした。
最後は、客席、ライブビューイング会場を含め全員で「ありがとう、そして、ありがとう!」

・キャスト一人ひとりが、各地方のライブビューイング会場へ向けて挨拶。
関西地方は、当然神戸出身の寿さん^^

しゃべりが達者な男性陣。華を添える女性陣。ボケボケな井上さん。
盛り上げるアーティストライブ。さすがの生アフレコ。
楽しかったです! ただ、やっぱり現地の方がいいな。
最後、会場でエンドロールに合わせて客席のみんなと一緒に、
「オリオンをなぞる」を歌いたかった!!
ライブビューイング会場を含めて、約35,000人が観ていたそうです。すげぇ!

余談
「ファイア~」と「うし!」と「ハイハハーイ!」は万能。

スポンサーサイト