テレビドラマ「ファイナルファンタージXIV 光のお父さん」がスタートしました。
親子関係のストーリーがベースになりながらも、
アニメファン的には、南條愛乃さん・寿美菜子さん・悠木碧さんが
ゲーム内キャラクターとして声の出演をしており、
ゲームファン的には、FF14の世界を反映していることを含め、
中々受け口が広いんじゃないかなと思います。

第1話を観て、
マイディー(CV:南條愛乃さん)の中性的な声、
あるちゃん(CV:寿美菜子さん)のシッカリとした性格さ、
きりんちゃん(CV:悠木碧さん)の可愛い声、
みなさん良かったです^^
FF14はプレイしたことありませんが、
プレイヤーが観れば結構「わかるわかる」という部分があるのかな。
大杉漣さんの、お父さんプレイは「わかるわかる」と思いましたがw

このストーリーでは、息子が素性を隠しながらゲーム内で父を助け、
一緒に強敵を倒したのち、息子であることを明かそうと考えている。
と、話していました。
これを受け思い出した、ちょっぴり昔話があります。

私は昔、このFF14のように大勢の人と同時プレイをする
MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)にハマっていました。
今使っている「ポルカ」という名も、
当時聴いていた「porno chaos(ポルノカオス)」という
淫猥な曲タイトルをつけたプレイキャラクター名を、
ギルド(いわゆるチーム)のメンバーから、
「長いから“ポルカ”にしよう」とつけられた愛称・略称なのです。
なので、スフィアのメンバーが名を読んでくれる度、
「“ポルカ”の“ポル”は“ポルノ”やで」と密かに背徳感を感じています、という余談。
そのギルドで知り合ったPさん(仮名)という、毎日仲良く遊んでいた
メンバー・仲間・相方・マスコット(笑)が居ました。
チャットでの口調は女性でしたが、リアルはどうなのかは、わかりません。
このゲームは、1アカウントで4キャラを作成できるため、
大体の人は、メインキャラ以外にサブキャラを作成します。
そのキャラを同じギルドに所属するか、別のギルドに所属するかは様々で、
私は1キャラだけ、ポルカのサブキャラであることは全く内緒で、
K(仮名)という名で、別のギルドへ所属させていました。
そこへ偶然、PさんのサブキャラCさん(仮名)が所属してきたのです。
キャラ作成時、レベル上げを手伝っていたので、すぐわかりました。
しかし、Pさんのサブキャラは、私のサブキャラ名を知りません。
どうしようか・・・私は黙っていることにしました。
メインでは、仲のいいポルカとPさん。
サブでは、ちょっと距離のあるKとCさん。
こっちは同じ人と知っているけれど、向こうは別人と思っている。
当初は面白いかな?と思い黙っていたことが
月日を重ねると共に、後ろめたさを増していきました。
何か月間経ったか忘れてしましましたが、私は意を決して明かしました。
もちろん驚かれましたし、「ひどい!」と(たぶん冗談半分で)なじられました。
ただ、すぐに「偶然の出会い」のことの方が面白いね!と元通り。
さっさと明かしていたら良かったな、なんて思った日がありました。

マイディーも、時間が経てば経つほど、明かしづらくなるんじゃないかな。
それが心配だなと、自分の経験を照らし合わせて思った次第です。

BS11・TOKYO MXにて土曜25時から放送中の
「上坂すみれのヤバイ○○」が、文字通りヤバいですww
(公式サイト)http://king-cr.jp/artist/uesakasumire/yabaimarumaru/
第1回は、水瀬いのりさん。第2回は、水樹奈々さんをゲストに迎え、
上坂すみれさんが好き放題もてなす(?)、扱うコーナーが見どころです。
水樹奈々さんはビッグなのに、あんなことさせられてねw
「スフィアクラブ」を引き合いに出す人も居ますが、
スフィアは「演じているシュール」であること、
上坂すみれさんは「演じていないシュール」であることの違いがあると思います。
キングレコードの番組であるため、ゲストは限られますけれど
今後の放送も楽しみです。

豊崎愛生さんがEDテーマと地底人役、
もちょがOPテーマと地上人役で出演する
TVアニメ「プリプリちぃちゃん!!」がスタート!
休日だけど朝6時30分からの放送を見ましたよ^^;

なかなかアレでしたが、ちぃちゃんの不明な名前には笑ってしまいました。
EDテーマ「ハニーアンドループス」、いいですね。
クレジットは、作詞:仁科亜弓さん、作曲・編曲:古川貴浩さん。
公式ページでは1週間の見逃し配信もやっています。
http://pasu-chi.com/chi-chan/
これはありがたい。OP&EDもあるし。
ただ、この日夏川椎菜さん「グレープフルーツムーン」のCMが流れたように
今後豊崎さん・もちょのCMを見るために、やっぱり本放送もチェックですね。

高垣彩陽のあしたも晴レルヤ 第341回 4月12日放送分
ミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」の本番を迎える前の収録で、
些か緊張・不安を抱えている様子がうかがえました。
「晴レルヤダジャレ道場」でも

中々の出来の拙さでしたね^^;
「あーしたカバンにいーれて」では、
私からタイムリーにミュージカル絡みで「スヌーピーグッズ」を提案。
今回は私にしては珍しく、ダジャレでコメントを締めずにエールを送りました。
ウラに配置され、結果はオモテ。あららら。

Webラジオ Pl@net Sphere 第405回 4月12日配信分
ふつおた「食欲のテレパシー」を採用頂きました。
「あるはずなんだけど、すぐに出てこない」エピソードに頭を捻る中、
豊崎さんが真逆のエピソードを出すあたり、
流石の「機転の利き」だと感じました。

この投稿で、やっとプラスフィ採用20通目となりました。
初めて送って採用された2011年6月から、5年と10か月。
長かったなー!w
私の投稿を読んでくれたメンバーの内訳を見ると偏りがあり、
寿美菜子さん=8通
豊崎愛生さん=7通
戸松遥さん=4通
高垣彩陽さん=1通
もちろん、どなたが読んでくれても嬉しいです♪

それにしても、この放送では豊崎さんからの「いつもありがとう」が2度あった後、
寿さんが私の名前を読んだ後の
豊崎「んーー!」は、何だったのだろう。

先日届いた、GLAYのファンクラブ会報「HAPPY SWING vol.84」に
HISASHIさんが出演した「アニメ紅白歌合戦 vol.6」のレポートと共に、
スフィア&FULL Kabsとのコラボステージの写真が載っていました!
高垣彩陽さんは井上和彦さんに被ってしまい、衣装がチラ見え程度ですが^^;
私は、スフィアよりも遥か昔からGLAYを応援していて、
このステージでの共演には感慨深いものがありました。
それが今回、GLAYのFC会報でスフィアの姿を見ることが出来るとは!!
本当に、人生何が起こるかわかりませんね^^

ちなみにHISASHIさんは「生ハムと焼うどん」に興味津々で、
一緒に撮った3ショット写真が載っていました。
もしも、これがスフィアとの5ショット写真だったなら、私はもう・・・

スフィアポータルスクエアにて、
「Sphere live tour 2017 We are SPHERE!!!!」でのスピードくじ景品用
Tシャツデザイン募集が開始しました。
https://sphere.m-rayn.jp/contents/91402
採用決定は会員の投票数によるとか。
それなら、顔の広い人の作品に決まりそうな感じがしてイヤだなぁ。
それに、似顔絵イラストTシャツは貰っても着るのは抵抗あるし。
普段でも着られそうなシンプルでカッコイイデザインがいいなぁ。

寿美菜子のラフラフ 第209回 4月8日放送分
「ようこそコトブキホール」で
「野球でピッチャーが投げる変化球といえば?」を採用頂きました。
ええ、WBCの影響で投げてみました。
私の予想「フォークボール」に対して、寿さんの回答は「カーブ」でハズレ。

ラファエロも、シンプルな回答にツッコミを入れていました。
そもそも変化球の種類に詳しくなさそうな反応でしたね。
「カーブ」も正しいのかどうか不安げでしたし。
で、この質問中に落下してきた花びら?葉?に驚き叫んだ寿さんw
その怖がりな面、先日戸松さんとのエピソードを思い出しました。

そして、ニコニコセカンドショットチャンネルでの
「トーク部分のアーカイブ配信」と「アフタートーク配信」の決定が発表されました。
ほっほー。
これ多分、ココロ☆ハルカスでも始まるんじゃないかな。

改編で、ぼちぼち聴いていた某ラジオ番組が終了しました。
打ち切りとは異なる理由なのですが。

その番組でよくメールを読まれている某氏と会った際、
「ポルカさんもメール送りませんか。メール少ないから、ほぼ読まれますよ。」
と誘われたのを覚えています。
単純に、読まれやすいからオススメという理由だったのか
メールが少ないから投稿者を増やしたかったのか、
両方だったのかはわかりませんが、複雑な思いを持ちました。
私はスフィアメンバー以外のラジオも色々と聴いていますが、
メールを投稿するのはごく一部だし不定期です。
「読まれたい」と「語りたい」の思いがあるときだけです。
何でも読まれればいいから投稿する、というスタンスでは無いので役に立て無いなぁと。

私がメインに投稿している番組にも、投稿者が増えて欲しいと常々思っています。
ただ「みんなも送りましょう」と伝えても難しいことはわかっていて、
理由は各々ありつつも、「送ってみたい」と思ってくれることが肝心で、
私の場合は、いつも読まれている人を羨ましく、
「自分もそうなりたい」と思ったのが「送ってみたい」のキッカケです。
送ってみたいけど、どう書き方がわからないという声を聞くこともあります。
時折載せる採用メールの通り、難しく考える必要がない手本となり、
「送ってみた」が増えてくれたらと願っています。

高垣彩陽さんのCDシングル「Live & Try」と
Blu-ray「individual」のW購入特典「オリジナルバッグハンガー」が届きました。
20170408_1.jpg
この四角の裏に軸が畳んであるのだが、固くて中々広げるのが難しいです^^;
爪を剥がしそうになりながらオープン。
20170408_2.jpg
なるほど。

胸に忍ばせておけば、銃弾から心臓を守ってくれそうだ。