読んでいただいた私のお便りを、思うところがあって前半だけ文字起こししてみました。


ふつおた2通目
寿「続いてプラネーム、ポルカさんから頂きました」 「ポルカさん、ありがと~」
(はいココ! わざわざ名前を呼ぶあたり、
 豊崎さんは、名前を呼ばれると嬉しいファン心理をわかってらっしゃる!
 優しいというか、心遣いというか、あざといというか・・・( 」´0`)」大好きだー!)
寿「戸松さん」 「はい」
寿「寿さん、はい」
寿「高垣さん」 「はい」
寿「豊崎さん」 「はいー」
寿「こんスフィアー」 「こんスフィアー」
寿「略語についてお尋ねします」 「略語・・・」
寿「私の母は、某イオンサプライドリンクのことを
  “ポカリス”と略します」
「アハハハ」 「かわいいー」 「かわいいー」
「ポカリじゃないんだ(笑)」 「ポケモンみたいじゃない?ポカリスって」
(これはもしかして、今度の映画ポケモンにスフィア4人が参加することのフラグ?)
「ポカリス居そう~」
寿「ポカリス買って来た、ポカリス飲む?って感じで」
「“ゥェット”が出てこなかったんだ(笑)」
寿「小さい時から、そう言われて育った私は、それが当たり前と思っていたのですが
  友達との会話の中で、『ポカリス飲みたい!』と言ったら、
  『なにそれ?変な略し方~』って笑われてしまい、恥ずかしい思いをしました
  けれど、その後友達が“ポカリス”を使い始めて、ちょっとしたムーブメントを
  起こし、うれしくなりました」 「“ポカリス”って言おう、私もー」
(しかし、この後に収録がおこなわれたと思われる、オールナイトニッポンRでは、
 普通に“ポカリ”と発言されていました。(´・ω・`)
寿「ね、言いたいよねー」 「超かわいいー」 寿「響きがいいねー」
寿「覚えさせたい、これこそ、オウムとインコに」
(この回のオープニングトークが、“オウムとインコに覚えさせたいこと”にちなんでいます)
寿「みなさんの周りでは、こんな変わった略語を当然のように使う人が居ますか?
  また、これから流行らせたい略語があったりしますか? というお便りです~」
(実は、これは豊崎さん目掛けてのパスでした。“スーン”や“ムファッサ”を
 生み出した愛生先生に、何か新語を発して貰おうと期待したのですよ)
寿「すごい、なんかスフィアにもビビッっときてます」 「かわいいーポカリス」
寿「なんかある?」 「なんだろう」 「じゃあ“アクエリア”だね(笑)」
寿「アクエリア!?(笑)」 「“ス”ぐらい言え(笑)」
「ちょっと、んんって飲み込みきれない感じはあるけど(笑)」
「友達で、略称じゃないけど、回転寿司のことを“クルクル寿司”って言う子がいた
  あとリモコンのことを、ピッピッ」 「言うよー」 「言う言う」
寿「おなかは?」 「ピッピ」 「そっちのピッピ(笑)」
(後略)

その後も、コンビニの略称や曲名の略称で話が盛り上がりましたね!
ともかくわかることは、問いかけに何かあるかなーで間を空けずに、
高垣さんと豊崎さんが話を広げ膨らませるということ。
必ず何かしらの話題でつなげていくさまは、やはり週レギュラーのラジオ番組を
持っていることで、身に付いたことなのだろうと思います。(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK高校講座 書道第1回

日刊スポーツ 週間アニメ!!パンチ

comment iconコメント

コメントの投稿