FC2ブログ

映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」を観てきました。
http://sayoasa.jp/

制作がP.A.WORKS、監督・脚本が岡田麿里さん、
あと声優陣の事前情報のみで、
あらすじ・設定を一切知らずでの観賞でした。
ほんの序盤に、主人公マキアら一族の設定、
そして一族の教えを知った時点で
このストーリーのラストに訪れる「シーン」が、容易に予想できた訳で。

表のテーマは「母の愛」。
しかし、その裏には「人間の傲慢さ、身勝手さ、優しさ、儚さ」が
感じ取れました。
わかっていたけれど泣けました。
出演している日笠陽子さんがブログで記していますように、
http://blog.livedoor.jp/hiyonikki/archives/2167020.html
女性、特にお母さんには来て欲しいな。
一人暮らししてる子も。
男の子も。


いまの自分の境遇で、感じることは様々だと思います。
タオルを持って、ぜひ劇場へ。

P.S.
「true tears」を思い出させる「あのセリフ」は、ファンサービスかな^^

入場特典、マキアのポストカード↓
20180226_1.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新おからじしおり到着!

360°ルーレット画像集

comment iconコメント

コメントの投稿