高垣さんが第2の故郷と公言する富山。
ファンにとっても、富山での公演と思うと感慨深い。
初となるオーバードホール。きれい!新しい!

1.SPHERE-ISM

~M.C.~
スフィアとしては、富山だけでなく北陸初公演。
富山の人、結構多かった。
北陸の人、かなり多かった。嬉しいね。

戸松「富山といえば、ホタルイカだよー!」 この前フリw
2.HIGH POWERED

3.DREAMS,Count down!

4.LOST SEASON

~M.C.~
戸松「椅子的なサムシングに座りましょうか」
このパートの担当は、このツアー2度目の戸松さん。
戸松「なぜ私にした!?と」
アコースティック曲へ入るため、落ち着いた雰囲気に持っていかないといけないのにw
戸松「もう任されないと思っていた」 前に何があった!?w
戸松「みなさんもお座りください」
しかし既に、ほぼみんな座っていた!

戸松「それでは、ごゆるりとお聴きください」
言い方と、言った後のすました表情www

5.風をあつめて(アコースティックVer.)

6.My Only Place

7.有頂天トラベラー(戸松遥)
前回の中野と連続で披露、パターン崩して来たぁ。
私は初聴き。ちょっと盛り上がりポイントが少ない気もする。

8.girly highester(寿美菜子)
ここもパターン崩しで、ツアー初披露。

9.letter writer(豊崎愛生)
あれ? 田淵さん曲(有頂天トラベラーのQ-MHzに田淵さん所属)続きじゃないか。
もしかして・・・

10.夢のとなり(高垣彩陽)
やっぱり田淵さんだったー

それはともかく、2コーラス目からコーラスが出ないハプニング。
高垣さんがアレンジで繋ぐ姿に、熱く思いを噛み締めていました。

~音雨エンタテインメント旅行クラブ~
脚本は、「某スーパー声優の弟・萩本欽一最後の弟子」の「タカガキ」さん。
弟じゃないかw

富山へ着いたスフィアだが、唯一詳しい高垣さんが居ない。
そこへLINEで連絡が、マスト観光地(場所が散らばり過ぎで回れない)
マスト食べ物(多すぎ)、など矢継ぎ早に大量に送られるw
「いま○○」
「いま××」
と更にLINE通知。
これが伏線。
こっそり豊崎さんの背後から現れる高垣さん。
高垣「♪僕は、愛生のとなり~(夢のとなりの替え歌)」

高垣「わたし、なんと南砺市観光大使なんですよ」
何度もぶっこみスルーされる高垣さん。

そこへ現れた、爺さん4人組のナンパチーム「スフィア」
戸松「今日は爺さんかー」
ス=すぐに
フ=ふらふら
ィ=いなくなる
ア=アソシエーション
の略だそうw
「Hazy」の替え歌がこれまた秀逸w
4人ともメンバーカラーのちゃんちゃんこを着用。
寿爺「ピンクを着た長(おさ)が、そちらのピンクの方を気に入ったらしい」
豊崎「そっちも、ピンクが長かー」

そして「スフィア」であることに気づく爺さん達。
豊爺「Miracle shooterのゴリラダンスが好き」と。
戸松「そんなのやってたっけ?」
豊崎「やってみる?」とM.C.からのイントロで
ゴリラのように踊り出す戸松さん・高垣さん。
戸松「やってたわー。しかも新しい曲しってる」

豊爺「付き合わないと、知ってる個人情報を流すぞ」
と、高垣さんの個人情報
「学校の帰り、後ろ向きでよく歩いてた」
「お風呂あがり、体をきちんと拭かずに歩き回るから床が濡れる」
「窓を閉め切ったままマニキュアを落とすから、除光液のにおいがこもって猫が心配」
「口の中に虫が入って甘かった」
高垣「なんで私ばっかりなの!」
「寿さんのお母さんがつくるいかなごのくぎ煮はおいしい」
「戸松さんの友人の妊婦さんだけどツアー全通した」
など、マイルドな情報ばかり。

追い詰めたところで、突然豊爺が意識を失ってしまう。
救急車を呼ぼうにも、序盤の高垣さんからのLINE攻撃で、
みんなのスマホが電池切れ。
「ゴリラダンス」で心臓マッサージを思いつき、3人がかりで豊爺を蘇生。
豊爺「ひどいことをしたから罰が当たったんじゃ。
もうナンパチーム・スフィアも解散じゃ」

戸松「いや、お前たちもスフィアだ!」 おまえたちw
寿「もう40人くらいメンバーが増えてるよ!!」

他、TARI TARIや花咲くいろはネタも絡め、クスッとするネタが多かったですね^^

11.Eternal Tours

12.Non stop road

~M.C.~
タカガキさんが弟であることを、隠していたわけじゃないけど
初めて公言した高垣さん。
まー、周りは結構知ってましたけどね。

高垣「レポーター等で頑張ってるんで、外で会うことがありましたら宜しくお願いします」

富岩運河環水公園のスターバックスへ行き、
芝生でゴロゴロ寝転がっていたらしいw
豊崎「きたないスフィアさんでした」 きたなくないよ!

13.REALOVE:REALIFE

14.& SPARKLIFE

15.MOON SIGNAL

~コール&レスポンス~
担当は戸松さん。
男の子、女の子はまだしも、ホタルイカ・スタバのマークとふざけ放題w
しまいには寝転がって白えび。
近寄って見つめる寿さん、高垣さんww
戸松「ちょっとごめん・・・のってよ!恥ずかしがらずに!」
流石にやりすぎでしょww
あと、コールが全部「We are SPHERE!!!!」でしたね。
「We are ホタルイカ」とかじゃなくて。

16.LET・ME・DO!!

17.vivid brilliant door!

18.Miracle shooter

~アンコール~

19.Ding! Dong! Ding! Dong!

~M.C.~
ここで寿さんにピンスポットが当たり、ハッピーバースデーのイントロ、
みんなでお祝いの合唱からの、ペンライトろうそく消し。もはや定番。

寿「会場の座席も“紫”で、私の為に塗ってくれたと思った(笑)」

抱負を訊かれた寿さん
寿「スカイダイビングをやりたい」
高垣「海から空!?」
寿「役で、空飛ぶ役とかあるじゃない?どんな気持ちなんだろうって」
戸松「あー、なるほど」 どんな会話w

~あいさつ~
戸松さんの発案で、高垣さんが最後に。
戸松「楽屋に入ると、ようこそ!ってウェルカムボードがあって嬉しかった」

寿「富山は初めて。おみやげで“祝”と書かれたカマボコを買った」

豊崎「花咲くいろはのイベントで金沢へ行くのに、富山の空港には降りていたけど
すぐ移動だったので、今回は来れて良かった。」


高垣「ただいまー!」 \おかえりー!/
他3人と違い、東京で凱旋公演感が無いので、「ただいま」と言える場所が嬉しい。
高垣「ありがとうございますの寿し(ドヤ」

20.キミ想う旋律
会場に花道は無いので、広がっての歌唱。
高垣さん寿さんの歌劇再び。

退場時は、4人とも寝転んで白えびww
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初アフトー

富山ミッション

comment iconコメント

コメントの投稿