CDを購入すると、まず音楽プレーヤーで聴くためにパソコンを用いて
MP3やFLACデータを作成します。
その際に使うソフト、正しくはソフトが参照するデータベースによって
CDの情報が正しく出たり出なかったりします。
タイトルやアーティスト名が正しいと、後の編集が楽ですからね。
私が定番に使用しているのは「Real Player」
20161121_1.jpg
スフィア「My Only Place」CDを入れるとこの通り。
定評のある「Gracenote」データベースを参照するため、まず安心です。

ところが、「Windows Media Player」だと
20161121_2.jpg
microsoft音楽メタサービスサーバーを参照するも、情報なしになります。

「Exact Audio Copy」ではサーバーを切り替えできるのですが
「CUE Tools DB Metadata」だと
20161121_3.jpg
なぜか「情熱CONTINUE」が候補に挙がり
「freedb」だと
20161121_4.jpg
惜しい!タイトルは正しいが、アーティスト名が文字化けしています。
恐らく日本語対応していないのでしょう。
なのでタイトルが日本語だと、そちらも文字化けするはず。

やはり1強だなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征民の憂鬱

コトブキスト初段になったぜ!

comment iconコメント

コメントの投稿