「君の名は。」「聲の形」と、この1、2か月で素晴らしいアニメ映画に
出会うことが出来ました。
どちらの作品も、一般的にも評価は高いようです。
もちろん、評価しない人も居ます。それは仕方ありません。
ただ、中には単に「大勢が評価しているから自分は評価したくない」と、
天邪鬼思考から発している印象を受けるコメントがあります。
更には、それをあたかも自慢しているのには、薄笑いを浮かべてしまいます。
ご都合良すぎや細かな矛盾など、フィクションなら当たり前でしょ。
単純に思うのです。
映画は娯楽として、自身のお金と時間を割いて観ているのです。
ならば、受け取ったままに楽しみ感動しプラスの経験を得た方が勝ちじゃないかと。
かく言う私も、人気大作映画を観て、心に刺さらなかったことは多々あります。
そんな時、自分に“嗅覚”が無かったと反省しますね。
だから、偉ぶって批判している人には
「今度あなたが観る映画が、感動できる作品ならいいですね」
「作品を観る前に、自分に合うかどうか嗅ぎ分けられる嗅覚が、もっと備わればいいですね」
なんて冷ややかに思います。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台2LDK-2013-から3年後

ハーブぶり

comment iconコメント

コメントの投稿