豊崎愛生のおかえりらじお 第330回 7月28日放送分で、
3rdコンサートツアー「The key to Lovin'」の総括が語られ、
「ああ、終わったんだな」と改めて実感しました。
ダブルアンコールで涙した件も話されていましたね。
演者が泣いてはいけない旨の話は、過去にもラジオで聞いたことがありました。
私は別に泣いてもイイと思うんですけどね。
その方が自分をさらけ出されているように見えて、ときめきます。

「宝箱」をコンセプトとしたアルバム「all time Lovin'」を
引っ提げてのコンサートは、本当にキラキラと輝く宝物のような思い出を
私たちにプレゼントしてくれました。
愛生さんは、私たちが宝箱を開ける「鍵」だとおっしゃいましたが、
愛生さんという宝物の輝きに導かれ、
みんなのたくさんの笑顔や声・クラップが広がることで
おこがましくも「鍵」であった私たちも、「宝物の一部」になれた気がしました。
頂いた沢山の思い出のお礼を、また直接伝えられる機会があること、楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スフィアもポケモンGO?

金曜日はダメよ

comment iconコメント

コメントの投稿