セカンドショットフェス昼回を途中で抜け出して、
高垣彩陽さんが出演される「アニxワラ vol.5」を見に来ました。
20160511_1.jpg

イベント内容はタイトル通り「アニソンとお笑いの融合」
http://aniwara.com/
融合を売りにする以上、出演した高垣さんが歌だけ歌って帰るとは思えない!
その予想の通り、前日のブログには、
「生まれて初めて・・・!!!」とあったことで、きっとコントや漫才的な舞台が
あるのだろうと思っていました。過去にコント的な舞台への出演はありましたけどねw
http://ameblo.jp/takagakiayahi-blog/entry-12157749550.html
更には「お久しぶりな歌」とは!?( ^ω^)

さて、いざイベントが始まると・・・
これは私自身の問題なのですが、
歌っている声優さんの顔はほぼ知っているけれど、
持ち歌にせよ、カバー曲にせよ、浅識のせいで知らない歌が多くてつらかったです(;^ω^)
知っているといえば「Butter-Fly」「カタラレズトモ」「白金ディスコ」くらいでした。
あとプリキュアの曲とか。
お笑いパートも、天津木村さんのエロ詩吟にはテンション上がりましたが
それ以外はなんとも・・・貝木のモノマネは面白かったw

中盤過ぎたあたりで、ようやく高垣さんの出番。
それは天津向さんとの漫才!
声が通るし、表情豊かだし、一人芝居もできるしで、適合係数は高かったです!
夢を見ながらのひとりごとで
高垣「あれ?愛生ちゃん、なんで今日は、あき竹城なの?」
高垣「あれ?このシンフォギア、CVが全員若本規夫さんだ」
高垣「あれ?ホットケーキつくってたのに、ガーリックステーキが出来ちゃった」
などと、こちら寄りのネタをぶち込んでましたね^^
アドリブもガンガン入れてたそうで、天津向さんからそのことをツッコまれていましたw
歌の出番としてはラストに登場。
まず「Rebirth-day」。
持ち歌のアニソンとしては、一番新しく知名度もある名刺代わりの1曲です。
しかし、演奏の音が悪かった。リズム音が立ちすぎてる感じ。
次は、キャラソンの話から、「はなまる幼稚園」の話に。
これで「キグルミ惑星」が来ると理解した客席の沸き立ちよう^^
セリフ部分などテンポが勇んでたけど、披露されたこと自体が拍手!
最後は、自身が洋楽カバー曲を多く歌っているとの話から「You Raise Me Up」。
初めて聴いた人、どや?これが我らの彩陽ねえさんやで。の気分になりましたね。
コーナーラストは、全員で大喜利的な内容。
ペンを受けとったり他の人へ渡したりで、列の後ろでちょこまか働いている高垣さんが
愛おしかったです^^

約4時間で終わったイベント。
うーん、正直11月開催が決定したvol.6には、もう出て欲しくないな。
と言いつつ、アンケートの「出演して欲しい人」に「戸松遥さん」と書いてきましたがねww
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレこんだ

セカンドショットフェス(昼の部)いってきた

comment iconコメント

コメントの投稿