アニメ紅白歌合戦Vol.5でのコーナー「変態音響監督」で、
私の投稿を採用頂きましたv(o゚∀゚o)v
Vol.3での「140文字のハートストーリー」に続き、代々一で2回目の呼名です。

4人目、高垣彩陽さんのパート
吉田アナ「ラジオネーム、ポルカさんから頂きました」
豊崎「おっ、ポルカさん」 愛生さんに復唱された(*≧∪≦)
内容はこちら。
20160201_1.jpg
計5本送ったうちの1本です。
これを「言葉が話せるネコ」と「ちょっとイタイ地下アイドル風」の2パターンで
表現して頂きました。
ネコ真似は、青エクのクロでご存知の通り、鳴き声・喉鳴らしの完成度たるや。
地下アイドル風も可愛かったですねw

実のところ、6本送った「おやすみ3ぷんぷん」も含めて
何かしら採用になるんじゃないかと自信がありました。
送る以上は、多少なりとも自信あって送るのは当然だけれど、
家を出る際、妻に「また代々木で読まれてくるわ」と豪語するくらい
自分なりに満足な出来でした。
「おやすみ3ぷんぷん」で「一日だけ違う職につくなら?」があり、
私も似た質問を送っていたから、こちらも狙いは当たっていて、ある意味採用ですねw

私は「変態音響監督」において、セリフ口調での採用設定は現在6種類と思っています。
多くを占めるメジャー路線で、
1.先輩・上司・年上・委員長・生徒会長などからの「S」
2.同級生からの「タメぐち」
3.後輩からの「敬語」
それに対して、これらに少量混じり、
スパイス的にインパクトを出すマイナー路線で
4.「方言」
5.「ロリ」
6.「動物」
です。
で、私の狙いは、必ず1本は入る4・5・6のどれかを獲ることでした。
競争相手の多いメジャー系でも5・6でも展開できそうな感じで。
そして的中。ドヤ顔もしたくなりますよw

ただし、私が考えた設定は
「ロリ~甘えんぼ年下~普段はカタイけど酔っぱらって素が出た先輩・上司」
なんですけど(;´∀`σ)σ
ネコでやるとは思わなかったw
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月の導き

おからじしおり 25葉目

comment iconコメント

コメントの投稿