11月21日(土) 大阪・堺市西文化会館 ウェスティホールで開催された
スフィア「DREAMS, Count down!」発売記念イベントへ参加しました。
20151123_1.jpg
堺、遠いよ(^▽^;)

20151123_2.jpg
細かいことだが「count」じゃなく「Count」と大文字にしてね。

参加したのは、17:30開演の2回目。
集合時間の16:00より、当選メールと身分証の照合開始。
イベントで使うアンケート用紙が配られました。
「スフィアへの質問」と
「あなたの夢はなんですか?(理由・実現への具体的スケジュールも)」の2問。
書いていると、1回目を終えた方達が退場してきたので、
大体1時間半の公演時間と理解しました。

自身の整理番号は「32●番」。定員540のホールに400名配置のため
両端には人を入れなかった様子。後ろから4~5列目でしたが、
ほぼセンターの席で傾斜もありステージは観やすかったです。

ほぼ定刻に開演。暗転のなか4人が登場。
いきなり「DREAMS, Count down!」を歌唱!
慌てて立ち上がる観客w ちょっとこれは・・・準備をさせて欲しかった^^;

歌い終えると一人ずつご挨拶。
衣装はミュージッククリップと同じOL風のアレ。
戸松「大阪ということで、早速やりましょう!
日本一の高いビル!」
 \あべのハルカス!/
高垣「ここは堺ですよね・・・堺でサッカーいい?
先におこなわれた「1回目」では司会担当だったため
ダジャレを言えなくて反省していたそう。
豊崎「久しぶりに、あべのハルカスの隣!」 \あべのキューズモール!/
もはや懐かしーねw 忘れられてなくてよかった^^
この「2回目」の司会は、戸松さんと寿さん。
なので、責務から解き放たれた高垣さんと豊崎さんはフリーダムw
あれ?「vivid brilliant door!」のときもそうだったようなw
http://motomotoanime.blog.fc2.com/blog-entry-2163.html

寿さんと高垣さんの間に「司会チームと、そうじゃないチームの壁」があるという風に、
壁を触るパントマイムを始める高垣さん。
豊崎「・・・ちょっと私そっち行ってもイイですか。」と戸松さんの隣へ行くww
戸松「20代と30代の壁が」 こらw

寿さんの説明「ダンスフィアバトル」に反応して、
寿さんへ、シュッシュッ!とシャドウボクシングを仕掛ける高垣さん。
でも気づいてもらえず恥ずかしそうにションボリ。肩を抱き慰める豊崎さんw
豊崎「彩陽姉さんが可哀そうでしょ!」

最初のコーナーは「ダンスフィアバトルファイナル」
戸松さん・寿さんの説明中もふざけて踊る高垣さん・豊崎さん。
豊崎さんは、ランニングマンをしたり、
高垣さんとChoo Choo TRAINのグルグル回るやつをしたりで
進行の邪魔をしていましたw

大阪2回目の対決は「オフィスフィア」と「のべらる」。
先攻は「オフィスフィア」。メガネに就活スーツの女性4人組。
戸松「マネージャー志望の面接を受けに来たんですか?」 あーわかるw
寿「緊張してますかー?」の呼びかけに一人が拳で胸にあてる。
豊崎「おぉ、日本代表みたいだ」の言葉に
高垣さんが五郎丸ポーズww
ダンスは傘やファイル、椅子などの小道具を使った内容。
寿「ピンク担当の人が、ちょっとドジな振り付けになってるのは、
あやひーをイメージしてるの?」

高垣「!?」

後攻「のべらる」は男性4人組。
この日の為に、スフィアカラーのネクタイを新調したそう。
ダンスはフォーメーションやアクロバット、
Breakin'世代にはウインドミルはたまらんです^^
予選動画からは一部ダンスが変わっていましたね。

観客の拍手によって勝者を決定。
音量(dB)を測定するとか。ほんとかな。
寿「近未来の機械で」 そう近未来でもないぞw
1回目も2dB差の僅差だったとか。ほんとかな。
拍手の結果、「のべらる」が勝利!
タイプが異なる戦いだったので好き好きな判定になるでしょうが、
ダンスのレベルでいえば圧倒的でしたね。
ただ、笑顔で楽しく踊っていた点ではどちらも良かったです^^
両代表者のコメントには感激しました。よく頑張った!!


豊崎さんからトロフィー、高垣さんからは賞状の贈呈。
高垣さんによる、なぜかファイナルファンタジー・ビクトリーファンファーレのBGM♪
のべらるのメンバーと豊崎さん・高垣さんが握手。
最後、豊崎さんと高垣さんが握手(?)
寿「なにしてんの?」 素のツッコミww

次のコーナーは、事前アンケートを使ってのトークタイム。
机と椅子が運び込まれて、
寿「じゃぁ椅子にかけましょうか」
高垣「椅子、いーっすね!」 おっ!
豊崎「そんなのは、いーっす!」 おおっ!
豊崎高垣(ハイタッチ)
なんだこりゃwww

「スフィアへの質問」
Q.「スフィアの10年後はどうなっていると思いますか?」
寿「10年後かー(高垣さんを見てニヤニヤ)」
高垣「なんだよー! 40歳だよ!!」
高垣「でも、家庭は持っていたいよね」
豊崎「ママ友になろうよ」
寿「子ども向けの曲を歌うとか」
戸松「ダンスフィアやる? すっごい休憩を挿みながら」 そこまで衰えないでしょw
高垣「10年経っても、美菜子まだ34歳なんだよね。この中にいらっしゃいます?」
数名挙手
高垣「ほら、美菜子の10年後だよ」 話が強引過ぎて寿さん困ってるw

Q.「自分の脚本で映画をつくるなら、どんな内容にしますか?」
戸松「B級サメ映画で、4人はハンター役」

寿「抑揚のない日常。朝起きて“おはよう”って出かけるだけとか」
プリズムのMusic Clipみたいね
戸松「ラスト3分で衝撃の結末とか無いの!?」
豊崎「実は夢オチでした!とか」
寿「夢オチで起きても“おはよう”って日常じゃんw」
豊崎「なんか今夜放送ある“世にも奇妙な物語”みたいだね」
寿「あっ!録画予約忘れた!!」 私事w
豊崎「ウチに見に来ればいいよ^^」

戸松「あやひーはミュージカル?」
高垣「コミカルなミュージカルがいいかな。そういう意味ではmusic storyが近い感じ」

豊崎「私はバトルだね」
寿「スターウォーズみたいな」
高垣「スフイアブレードで戦う?」
豊崎「青とか緑は主人公側で、ピンクとか赤系はダークサイド側だからね~」
寿「紫は??」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ライトセーバー
豊崎「というよりは、TOKYO TRIBE的な」とちょっとラップを披露^^
寿「クローズみたいに」 要はケンカということで
豊崎「まぁ、美菜ちゃんに勝てる気はしませんがw」

この質問コーナーで、先にペンネームを見上げ書いた人を確認し
豊崎が遠くへ呼びかけるような悪ふざけ気味の質問がw
豊崎「今日はどこから来ましたかー?」
?「三重」
高垣「三重が見えん!」 おっ!?
戸松「パルケエスパーニャだ!」
高垣「なにそれ!?」
寿「えー知らないの!?」
戸松「♪エスパ~ニャ~(CMソング)だよ!」
高垣「みんな知ってるの?」
\知ってるー/
関東の人には馴染みが無いでしょうね。
高垣「♪●△□☆○×~みたいな?」 そっちがわからんw

「あなたの夢はなんですか?」
事前アンケートの夢を発表し、それに合った動きで万歩計を10秒間振り、
4人の合計数いいね!を発表するだけのコーナーw
D1.「自転車で日本一周」
リスアニ!TVでのダンスフィアレクチャーで、戸松さんが「自転車をこぐように」と
説明した動きで万歩計を振る寿さん。
ステージ外へ走り去る戸松さんw
疲れた割には数字が増えなかったようでww

D2.「サグラダ・ファミリアを完成前に観に行き、完成後にも観に行き
やっと出来たかとエラそうな態度をとりたい」
高垣「完成まで生きてる方が大変じゃない? あと何年かかるの?」
?「12年!」 (正しくは2026年予定なので11年)
高垣「そうなの!? まだ100年位かかると思ったw」
豊崎「12年後だと、彩陽さんが42歳の年だねぇ」
高垣「うるせー!w」
10秒間万歩計をシェイク。
寿「みんな、建設作業してる動きだったね」
戸松「私は現場監督だったよw」 確かにエラそうにしてたw
高垣「私はサグラダ・ファミリアを意識して」 タケノコニョッキでしたね

D3.「新幹線の運転技術を磨き、指導育成できるようになりたい」
高垣さん以外が東京へ新幹線で通っていた時のお話。
車内検札へ来た車掌さん。戸松さんのキップを落としてしまい、それがミニスカの膝の上へ。
で、顔が真っ赤になってしまった車掌を「ピュアお兄さん」と名付けたとか。
それ以来、そのピュアお兄さんとは会っていないけど、また会いたいねーって。
豊崎「今はピュアおじさんになってるかもだけどw」 もうピュアじゃないだろうね。
新幹線のように走り回ったり、ピュアお兄さんを再現する戸松さん・寿さん。
全然万歩計振れてないぞww

4人それぞれの3回合計で、万歩計の数値がいくつになったかを発表。
寿「高垣さん、計算お願いします」 ええっ!?
高垣「えー? また私!?」 一番苦手な人へふってきたぞw
かなりモタモタしつつも、何とか正答。(確か203)
高垣さんが苦慮する姿が見ものなのに
ここで答えを叫ぶヤツ、良くないぞ! しかも間違えてたけどなw
高垣「右脳と左脳が元気になりましたー!!\(^▽^)/」
寿「それは何より」
戸松「美菜子の塩対応でたw」
一般的に計算は左脳を使うと言われていますが、
高垣さんの場合、直感や感覚で使う右脳も駆使していたのでしょう^^
合計した数字と同じ番号の人へ何か貰えるのかと予想したけど、
そんなことはなく
豊崎「203いいねが出て良かったね、というだけのコーナーでしたw」

最後は、会場を交えて
「DREAMS,Count down!」Music Video(Additional “DANSPHERE”ver.)の撮影。
最後のキメポーズを検討、「あべのハルカス」と「あべのキューズモール」で
迷った結果、1回目と同じ「あべのハルカス」ポーズでキメることに。
寿「顔が映るとマズい人は、顔を隠しながら踊ってくださいw」
高垣「ぶれる様に素早く動くとか」
戸松「余計目立つわw」

豊崎「笑顔で楽しく踊って下さいね。間違っても大丈夫。私もさっき間違えたから」
戸松「私なんて、しょっちゅう間違えてるからね!」 胸を張るなw

ステージ奥からスフィア、そのバックに客席を映すため
普段とは並びが反対でこちらへは背を向ける4人。
高垣「なにか見えちゃったらごめんなさいね」とお尻をおさえて(´∀`*)

寿「では、私がミュージックスタート!って言ったら始めますよ~」
寿「ミュージック、スタート!!」

!?

まだ撮影カメラマンがステージに居なかったwwww

気を取り直して準備後にスタート!
私も楽しく笑顔で踊れたと思います。後ろだけどセンター付近だから映ってるはず^^
最後ひとりずつ挨拶のあと、「あべのハルカス一本締め」!

約1時間50分の公演でした。
高垣さんも応募が集まらず企画倒れになるかも?と思っていたダンスフィアバトル。
正直、私も一般の人が踊る姿に興味はありませんでした。
でも実際に見て、過程や思いの話を聞いていると、あぁこの企画良かったなぁと感じました。
唯一残念だったのは、空席が多かったこと。
急用や会場が結構遠方であったこと、映りたくない人、踊りたくない人、
CDの応募がイベント参加権だけだったため、当選しても初めから参加は出来ないが
壁紙目的で応募した人など、理由は様々あって仕方ないとは思いますが、
映像として残すならばもっと沢山の出席だったらなぁと思います。

ま、ともかく、楽しいひと時をありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ
また大阪でイベントを開催してくださいね!
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高垣彩陽「individual」買ってきた

島ポン酢かってきた

comment iconコメント

コメントの投稿