某・大作3D恐竜映画を観てきました。
恐竜や景色などの映像スケールがすごかったです。
が、特に予想を上回ることなく毎度お約束のストーリー、
ツッコミどころ満載のシーンたち、
一部の役者さんによる、とても気になる吹替え演技に
「大作様が、総じてこれでいいんですかね」という感想です。

ツッコミ満載ならばアニメ作品でも多々あるけれど、
そんなことはどうでもいいやと思わせるパワーが
それらのアニメには少なからずあるのですが・・・

なんだか、話題の大作をお金払って観に来ているからということで
期待し過ぎたのかも。
ま、迫力ある恐竜映像を楽しもうというだけなら可です。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿美菜子「Candy Color Pop」購入店舗別特典生写真公開

アニサマでスフィアが歌う曲を予想してみる2015

comment iconコメント

comment avater

ベネット

疑問なんですが、吹き替えとアニメはどう違いのでしょうか?。そしてどちらのほうが難しいのでしょうか?、よく吹き替えのほうが難しくて、声優さんは吹き替えできて1人前みたいな風潮がありますけど。

2015/09/03 18:35

コメントの投稿