夜回は「かな恵ちゃんもおかえり」とサブタイトルが付き、
伊藤かな恵さんをゲストに迎えました。

豊崎さんの衣装は昼回と同じ。
かなり傷んできたスリッパを、わざわざ脱いで見せてくれましたw

・ふつおた
昼回で投稿者不在の為に読まなかったメールを、夜回一通目で発表。
「赤い福神漬と、黄色い福神漬ではどちらが好きですか?」
豊崎「何が違うんだろうね?」
たぶん食紅等の着色料じゃないかな?
豊崎「色はともかく、レンコンが入っているとヤッターと思います。」

「持ち歩いている、変わったものはありますか?」
豊崎「ミントタブレットの強力なやつ。KALDIとかで買った外国製の強力なやつでも
最近物足りなくなってきた。」


「カラスについてどう思いますか?」
豊崎「ダンボに出てくる歌うカラスが印象強い。
よく悪者扱いされるけれど、そんなに嫌いでもないし、好きでもない。」


など。

ゲストコーナー
登場前なのに、セットの扉の上から手を出しアピールする、かな恵ちゃんw
豊崎「かな恵ちゃんは、手が届くはずないから誰だろうね」 おい
かな恵ちゃんでした。
衣装は、おからじイベントTシャツに長いスカート。
https://ameblo.jp/ito-kanae/entry-12297403961.html
昼回で日笠さんが「かな恵にも、服を脱げー!って言って、このTシャツを着させる」と
話していたことが実行された模様。
あと、身長差を考えて10cmくらいのヒールを履いてきていたのに、
豊崎さんからスリッパに履き替えさせられたそう。
かな恵「愛生ちゃんには履かされ、陽子ちゃんには着せられ(笑)」
豊崎さんから、お団子ヘアを撫でられるかな恵ちゃん。
豊崎「同い歳なんだぜ、見えないだろう(笑)」

・伊藤かな恵一問一答
質問を読むのは「おからじコナン君」。ツッコまないで欲しい(笑)

「Q.誰も知らない長野県の魅力を知っている」
おからじコナン君の読み方が拙かっただけで、
“誰も知らない”は“魅力”にかかっているのであって、
“長野県”にかかっているのではない。
かな恵「うちの猫がかわいい」
ざわ・・・
豊崎「そりゃかわいいだろうねー」

「Q.海外旅行のイイ所を知っている」
最近よく海外旅行へ行くそうです。知らなかった。
かな恵「景色が違う」
ざわ・・・
かな恵「でも食べ物は、日本が一番いい」
これには豊崎さんも同意。
豊崎「ロサンゼルスから帰ってきて、そのまま“すしざんまい”行ったもん(笑)」

「Q.豊崎愛生さんと入れ替わったら、やってみたいことがある」
スポーツが苦手なかな恵ちゃん。長野県に住んでいるのに登山も嫌い(笑)
かな恵「なので入れ替わったら、あきちゃんの体力で登山がしてみたい」
入れ替わった豊崎さんは、
豊崎「山手線に乗り、吊革に届かなくて、もがいている姿を見せて
周りの人に可愛いと思われたい(笑)」


・伊藤かな恵ちゃんとクッキング
作るのは、綿あめ。
もちろん、業務用綿あめ機が登場!
甘い香りが立ちこめる。
まず、豊崎さんがチャレンジ。あまりふっくらと巻けず。
続いて、かな恵ちゃんがチャレンジ。
綿あめのミストに包まれるかな恵ちゃんww
「ナーーーー! ナーーーーー!」と叫ぶ小動物ww
舞い上がった綿あめが肩に付着。カメラで接写w
昼と同様、綿あめにフレーバーを付けることに。
豊崎さんは七味唐辛子をw
豊崎「あまっ!からっ!あまっ!からっ!これ無限に食べられるやつやー」
どんな反応w
かな恵ちゃんは粉チーズ。
食べて険しい表情になる、かな恵ちゃんww
食べさせられる豊崎さん。眼がカッ!と見開いたwwww
いいよいいよ♪ こういうの見たかったww

・VRお絵かき
VRゴーグルをつけ「御坂妹」「シスターズ」を名乗る豊崎さんw
昼回同様、2分間で描き上げた3Dペイントを見て、
何を書いたかかな恵ちゃんが当てられればチャレンジ成功。
成功賞品は「携帯用スリッパ」 海外旅行の飛行機内で必需ですね。
1問目は「跳び箱」。これは簡単。
すい―っと、台形を描きだす豊崎さん。
かな恵「跳び箱?」 まだ言うでない!!
ルールに気づき、最後まで描くのを待ち、白々しくも正解。
2問目は「マンモス」。
かなりヒントを付け加えての正解。
というか、画面内へ最初に置いた「雪だるま」オプションが邪魔過ぎてww
3問目は「御坂美琴」。
かなーりアバウトな描写。
超電磁砲を放っている画なのだが、白い長そでにしたせいか
かな恵「骨折している人?」
と発想が離れていったが、なんとか「お姉さま?」と正解。
豊崎「お姉さま・・・ですの」 お疲れ様でした^^

・休憩
「春風 SHUN PU」の曲にのせて、VRペイントの練習映像。
映像と合っているように見えてきて不思議な感覚にw

・プレゼント抽選会
チケット半券を引き、該当席の人へ
豊崎さんとかな恵ちゃんのWサイン入りTシャツがプレゼント!
はい、全くかすりませんでした!

(感想)
昼回での日笠さんのお調子感での爆笑とは違い、
かな恵ちゃんの天然さ(ダメっぽさ)に笑ってしまう夜回でした。
ゲストを交えても、おからじの“ホッコリさ”と“力のかけ方のおかしさ”は健在で
楽しかったです。来年も開催しそうな雰囲気でしたね。
また近くで会える日を楽しみにしています♪
スポンサーサイト