戦姫絶唱シンフォギアAXZのページにて、
高垣彩陽「Futurism」のジャケット写真が公開!
http://www.symphogear-axz.com/products/
赤をバックに黒い衣装で横向きに立つ構図は、
隣の水樹奈々さんと、似ている気もw
印象的なのは「アニメ盤」。
幼いころの自分を、今の自分が抱きしめているのでしょう。
歌詞を早く熟読したいですね。
スポンサーサイト

高垣彩陽のあしたも晴レルヤ 第352回 6月28日放送分
「あしたも晴れるさ」のコーナーで、
「会員限定半額セールに喜びカバンを買ったけど、
翌日も普通に半額で売っていて、且つポイント5倍だった。」を
採用頂きました。
5月末の出来事で、送信したメールが残っていませんでした(;´・ω・)
まぁ、セールあるあるですね。
本当にプチショックで、
思わず「これがお前たちのやり方かー!」と叫んでしまいましたものw
金額が金額だけに、ポイント5倍もデカい。
でも、高垣さんから「がんばろうね。」と言われたから、私がんばるわ♪

6月27日放送の「TrySailのTRYangle harmony」を聴いていましたら、
ふつおたのコーナー(番組では、まるめーる)にて、
聞いたことがあるアプローチからの「ミューレ運動会しませんか?」という内容。
これ、6月14日配信の「Pl@net Sphere」と同じメールですね。
いちいち照らし合わせはしませんが、きっとコピペして送ったのでしょう。
私が疎むマルチメールに、TrySailのトークは「うわの空」でヤレヤレと感じていました。

でも、両方の反応を知りたいのは然り。
もしも自分だったら、まず片方に送り、
今回の場合だったら「Pl@net Sphere」に送って、
採用になった内容を踏まえて「TRYangle harmony」へ送りますね。
~~~~~~~~~~
ミューレ運動会が見てみたいと、スフィア先輩の番組へメールを送りましたら、
「TrySailには負けない」「賞品がかかると私たちは強い」と、やる気満々でしたよ!
受けて立ってください!
~~~~~~~~~~
ってな具合にね。
そうすると、先輩絡みのトークがもっと聞けて良かったのに。
アフタートークを含めて、スフィアメンバーの具体名を出さない
遠慮を感じさせるトークが、ちょっとリスナー(主に私)のニーズと違ったかなと。

本日6月27日は、
15時:豊崎愛生のおかえりらじお公開イベント2017 昼&夜
18時:戸松遥のココロ☆ハルカス公開イベント2017・
寿美菜子のココロハルカス公開イベント2017のチケット当落発表がありました。

結果、全部当選♪

前回も全部当たったし、埋まらなかった様子でしたので
外れるとは思っていませんでしたよ^^
早速発券。座席は、近かったり遠かったり。

スマホアプリ「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」が本日配信開始!
20170626_1.jpg

チュートリアル後の最初の11連ガチャ、結果はオール☆3。
そりゃねぇぜばかやろー!
リセマラの旅、開始。
☆5切歌+☆4メモリアが2種。ごめんよ、かやのん。

☆4が1枚。

☆5メモリアを含む、オールメモリア。うーん、デッキカード無は困る。

☆5クリス! しかし残りは全て☆3。
まぁ、これで行くか!

阿澄佳奈のキミまち! 第12回 6月25日放送分
リクエストテーマは「セクシーアニメソング」。
セクシーアニメというか、エッチなアニメといえば
「To LOVEるシリーズ」「魔乳秘剣帖」「聖痕のクェイサー」が思い浮かんだ私。
「To LOVEるシリーズ」から「Baby Baby Love(戸松遥)」、
「魔乳秘剣帖」から「二人の足跡(AiRI)」、
そして「聖痕のクェイサー」から「Passionate squall」をリクエストしていました。

放送がスタート。
「To LOVEるシリーズ」からは別の曲。
AiRIさんは別の曲がオンエアされ、候補が1曲しか無くなってしまい
「今週もだめかー、でも面白い放送だからいいや」と思っていたところ、
いきなり名を呼ばれ、「Passionate squall」がオンエアされました♪
知っている人からは「クェイサー」への反響、
知らない人からは「歌唱メンバーの豪華さ」への驚きで
タイムラインも盛り上がりましたかね?^^

次回のリクエストテーマは「☆(星)にまつわるアニメソング」。
スフィアのあの曲やあの曲や、高垣彩陽さんのあの曲が思い浮かびますねぇ~

【月曜日】

【火曜日】

【水曜日】

【木曜日】

【金曜日】
メイドインアビス(BS11)7/7~

【土曜日】
Re:CREATORS(BS11)継続
Fate/Apocrypha(BS11)7/1~
戦姫絶唱シンフォギアAXZ(BS11)7/1~

【日曜日】

いまのところ、興味があるのはこれくらい。
春アニメで未消化作品があるから、丁度いいかな。

スフィアライブ追加公演「We are SPHERE!!!!!」のSPS先行当落発表がありました。
両日とも当選♪♪

音楽活動充電前最後の公演とはいえ、
キャパシティ的に何とかなるだろうと、
楽観はしていましたが、ホッしましたε-(´∀`*)

時折、歌詞の一部を引用して、
あたかも、そのアーティストが
その言葉を発する考え方・生き方であるかのように
称賛したり評価したりする文面を見かけます。
不可解です。
だって、その歌詞をつくったのは作詞家さんですよ。
「こういう歌詞でつくって欲しい」とアーティスト側が依頼したり、
作詞家側がアーティストの姿を付き合いの中から投影してつくったり、
全くアーティストのエッセンスが無い訳では無いかもしれません。
あるいは、歌詞にアーティスト側が感化されて、
この言葉のような考え方・生き方をしようと思うことも、あるかもしれません。
だけど、ですよ。
トークやインタビューの言葉と、
曲の歌詞を混同して、盲目的な評価をしているように受け取り
非常に困惑してしまいます。

今日は業務の一環で、某セミナーへ参加していました。
その中で、管理職が部下とのコミュニケーションを取る上で
「評価と承認が大事」だと説明していました。
「評価」とは、「(きみは)よくやった」「(きみは)がんばった」という
「YOUメッセージ」で、
「承認」とは、その事で「(自分は)嬉しい」「(自分は)誇らしい」といった
「Iメッセージ」であると。
そして、日本人は「YOU」だけで、「I」を伝えるのがヘタクソだとも。

ふーん、普段感想メールで
「メッチャ盛り上がったライブで、ホントに楽しかったです」
「素晴らしい演技に、感動しました。しびれました。」
と、「YOU&I」使いまくってるけどなぁ。
また、「Yes/Noで答えられる“クローズドクエスチョン”」でなく
「自由に会話が出来る“オープンクエスチョン”」をしなさいと。
これ、ふつおたじゃないですか。

なんだか、乗り気ない業務セミナーだったのに、
途中からメール投稿に照らし合わせ始め、楽しくなりましたよ(笑)