SOUND THEATRE「eclipse」
9月28日の昼公演(豊崎愛生さん)・夜公演(寿美菜子さん)を観劇しました。
http://eclipse.soundtheatre.jp
20140930_1.jpg

20140930_2.jpg
20140930_3.jpg

ストーリーは、高齢となった安倍晴明が危篤となり、
晴明が都へ巡らせた結界の弱化を感じた賀茂家の使者・賀茂守道が
晴明のもとを訪れたところから深く掘り下げられる。

話の展開で、3つの時系列を目まぐるしく行き交い
その都度持ち役が変わる、とても新鮮な内容です。
(高齢の晴明)
藤原道長:山寺宏一さん
朱華:豊崎愛生さん・寿美菜子さん
賀茂守道:伊礼彼方さん
源頼光:真琴つばささん

(青年の晴明)
安倍晴明:碓井将大さん
蘆屋道満:伊礼彼方さん
藤原道長・坂田金時:山寺宏一さん
朱華:豊崎愛生さん・寿美菜子さん
源頼光・玉藻前:真琴つばささん

(幼少の晴明)
童子丸(安倍晴明):豊崎愛生さん・寿美菜子さん
葛の葉:真琴つばささん

(9歳の晴明)←1シーンのみ
安倍晴明:豊崎愛生さん・寿美菜子さん
蘆屋道満:伊礼彼方さん

山寺さん、さすがです。
高齢の晴明時代から、青年の晴明時代へ話が戻る際の語り部的な口調が、
高齢の道長から、青年の道長へと話しながら声が若返っていくという
ふと聴いたときにあれ!?っとさえ感じてしまう不思議な感覚でした。
真琴つばささんは、頼光の力強くも女性の細さを持ち、
且つ自信に溢れた声、素晴らしかったです。
碓井将大さん、やんちゃで天才肌な晴明の雰囲気にピッタリでしたね。
演じている時の表情もカッコ良かったです。
伊礼彼方さん、道満の豪快さ、晴明へ対する優しさがとても温かかったです。
強さ・弱さ・優しさ・苦しみと一番人間くさい役回りだったと思います。

SOUND THEATREの名の通り、音楽は単なるBGM・効果音ではなく
場によって楽器を変えたり、テーマソング的な長時間演奏があったりで、
かなりの存在感を示します。
ただ時折、演者の声が聞き取りづらくなってしまったのが残念。
座席の位置によるかもしれませんが。

あと、日本伝統のマジックと称される「手妻」。
冒頭での面の変化と、終盤での紙吹雪は、ストーリーへ沿った演出でした。

ストーリー後半につれ、ボロボロと泣いてしまいました。
道満が播磨へ帰ると告げるシーン、朱華が晴明をかばうシーン、
道満が晴明に玉藻前を封じさせるために身を呈すシーン、
そして晴明の臨終、その後。
演者皆さんの声の芝居と音楽が本当に胸を打ちました。
平安時代の設定で基本むかし言葉な為、
ちょっとした違和感ながらも、だからこそ耳に残り意味を深くした言葉が
3度出てきた「大好き」という言葉です。
この現代劇的表現に、昔とて人間は今とずっと同じなんだというメッセージを感じました。
思い返せば、あらゆるシーンも根底には現代と変わらぬものがあると
改めて気づかされましたね。

さて、今回のダブルキャスト
私が感じた、豊崎さんと寿さんの「朱華」の違いとして、
豊崎さんの朱華の方が年齢はかなり上においているように受け取れました。
故に恫喝・慟哭・憤怒の感情がこもったセリフに迫力がありましたね。
比べて寿さんは凛とした朱華という印象で、もちろん立派な朱華です。
どっちが良いじゃありません。
ただ、自分が思う朱華のイメージは豊崎さんの方かな。

2人とも重要な役どころ、しっかりと演じ終えられた姿を見て、勝手に誇らしくなりました。
唯一、笑顔の姿が見られるカーテンコールでは、
昼、パンフレットの話を「朱華、どう?」と碓井さんから振られた豊崎さん、
豊崎「安い、買うのじゃ」と咄嗟に朱華で返す^^
夜、お先に千穐楽となった寿さん、
寿「劇最後で客席にも舞う雪を見て、朱華もこう散っていったのかな」と仰天させ
寿「一足お先に散らせていただきます」と笑いを誘ういつもの美菜ちゃんでした^^

20140930_4.jpg
一階ロビーに貼られていたイラスト。
もっとカワイイヨ!!
スポンサーサイト

日笠陽子ファーストオリジナルアルバム「Couleur」発売記念特別企画
「日笠陽子×キッチンジロー」コラボメニュー、
「ホタテみるくコロッケ定食」を食べてきました。
20140929_1.jpg
東京を中心に展開されているキッチンジロー。大阪にも1店舗ありますが対象外。
且つ、私が東京へ行く土日には営業していない店舗が多く、
足を運ぶことが出来る店舗が限られましたね。

壁にはキャンペーンポスター、アルバムポスターが貼られていました。
20140929_3.jpg

20140929_2.jpg
元々、帆立ミルクコロッケは、他の品と合わせての定食や単品メニューでの
提供品なので、店側にとってはとりわけ新規メニューでは無いですね。
サクサクで粗めの衣と帆立風味がおいしゅうございました。

20140929_4.jpg
先着限定1,000名がもらえるクリアファイル、まだもらえました^^



Pl@net Sphere 第274回放送にて、
私が気になっていたひとつの謎が明らかに!
それは、Seltツアーで歌われる「synchronicity」の一節
「♪It's Party Pay Attention☆」を叫ぶ担当はどうなってるの?
ということです。

さいたま=?
札幌=?
神戸=高垣彩陽さん
静岡=豊崎愛生さん
名古屋=高垣彩陽さん
福岡=戸松遥さん
宇都宮=?
「?」の会場は不参加のため不明。
最初は全員で叫ぶのかと思ったら、神戸で高垣さんがソロで叫んだのを記憶。
静岡では豊崎さんが叫んだので、会場ごとにローテーションしてるのかな?と推理。
名古屋では、また高垣さん。
戸松さんじゃないのかー、あ、神戸も寿さんじゃなかったしな。
そうか、5公演目に入ったから一周してまた高垣さんなのかな・・・

しかし放送内で、この担当はライブ前に「じゃんけん」で決めているとの
真実が明かされたのです!! あぁ、ずっこけたさww
しかも未だ寿さんが勝った事ないとか。
残すところ5公演。寿さんの出番はあるのか!?
それはそれで、なんだか楽しみになってきた♪

私にとってツアー参加全てのチケット、大阪2公演&徳島公演チケットが到着。

10月11日大阪
Bh列(22列) 超戸松さん側

10月12日大阪
Ab列(2列) 戸松さん側

10月19日 徳島
12列 超豊崎さん側

なんといっても2列目!! 楽しみ楽しみ!!

高垣彩陽のあしたも晴レルヤ 第207回 9月25日放送分
ふつおた「のどにあわないもの」で採用頂きました。
コーナーや感想以外では久しぶり^^
メロンが合わないというのは、4月のAiRIの2hで「これって私だけ?」という
テーマメールで採用いただいた話ですが、
それを質問に回したのは実はサルベージ(*´艸`*)

のどの油分が落ちるからと、ウーロン茶を避けているのは聞いたことがありましたけど、
逆手にとってカサカサした男子声を出す際には、
あえて声質を変えるために飲むという話に驚きましたね。
よく海外の俳優が映画の役に合わせて、体型や髪や歯を変えるという話に共通する
役への取り組み姿勢を感じられました。

放送内では「愛の陽」カップリング「3 leaf clover」が初オンエア。
好きな曲調です^^
別れの曲とのこと。歌詞を見ながらじっくり聴きたいですね。

10月8日リリース、高垣彩陽8thシングル「愛の陽」の
購入店舗別特典生写真の内容がアーティスト公式ページにて公開!!
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ayahitakagaki/info/444972

なんですかこれは!
メチャメチャかわいいじゃないですか!!!!
全部欲しいなー、でもそういうわけにはいかないから厳選して、
アニメイトちゃんとゲーマーズちゃんと
とらのあなちゃんとソフマップちゃんでお願いします!!

夏アニメは実質7作品、それに加えて板小と孤独のグルメ
自分はこれ位が上限なのかも。

視聴予定メモ(関西地区の放送局)
【月曜日】
ガールフレンド(仮)(テレビ大阪・10/13~)

【火曜日】
アカメが斬る!(MBS・継続・10月から月→火へ移動)

【水曜日】
テラフォーマーズ(ABC朝日放送・10/1~)

【木曜日】
ガンダム Gのレコンギスタ(MBS・10/2~)
サイコパス2(関西テレビ・10/9~)

【金曜日】

【土曜日】
ログ・ホライズン第2シリーズ(Eテレ・10/4~)
Fate/stay night(BS11・10/4~)
ソードアート・オンラインII(MBS・継続)
SHIROBAKO(MBS・10/11~)

【日曜日】
七つの大罪(MBS・10/5~)
天体のメソッド(KBS京都・10/5~)

計11作品、あといくつか気になるものあるのだけれど・・・^^;

9月20日&21日、みやこめっせで開催された
京まふ2014こと、京都国際マンガ・アニメフェア2014へ行ってきました。
20140920_1.jpg

その中からいくつかご紹介。

BSフジ・ジャパコンTVブース
20140924_1.jpg
藤さん・台場ちゃんグッズは無し^^;
ズヴィズダーコラボのお菓子を小腹が減ったら買おうと後回しにしていたら、
割と早いうちに完売となりました。
メニューボードへは「完売」と貼られずに「征服」と貼られていたのがユニーク^^
20140924_2.jpg
パワーローダーの実演は、タイミングが合わず見られませんでした。

KADOKAWAブース
すごいよ。

20140924_3.jpg
ヘカートII ^^

エリュシデータは少しちゃちい感覚を受けたけど、こりゃカッコイイ♪

そして
20140924_4.jpg
シルバー・ホーン ^0^
これ構えて早見沙織さんに「お兄様」と言われたいですね^q^

シャフトブース
20140924_5.jpg
壁には大きくニセコイ。物語シリーズの原画も展示されていました。

MBSブースは、毎度ながら過去のアニメ作品映像とコスプレおねえちゃん♪
20140924_6.jpg
ボクは里中千枝ちゃん!

私が一番楽しんだのが、リスアニ!ブース
4台あるモニターには、スフィアが歌っているリスアニ!ライブ4のダイジェスト映像や
戸松遥さんが歌っているアイマスライブの映像が流れ、
沢山の人が足を止めて見入っていました。
中の体験ブースの一つが、ヘッドマウントディスプレイ!
20140924_7.jpg

20140924_8.jpg
並んでチケットゲット^^
ゴーグル型のディスプレイに、密閉型ヘッドフォンを装着。
センサーで上下右左を感知し、右を向けば視界が右側の風景に
下を向けば床が見えるって仕組み。
事務所のあちこちにアイマスのキャラが居て、勝手に話したりなんやかんやしている中に
自分が居る状況^^
右向いたり後ろを向いたりしていたら、突然中村繪里子さんの声に話しかけられた!
一番イイタイミングによそ見をしていたようだ^^;
並んでいる時に見ていたら、ディスプレイを装着してジッとしている人が多かったけど、
これは動き回ってこそのギミックだろが!
結構動きまわっていたからなのか、体験後に
「どうでしたか?」
「めっちゃ面白かったですヽ(=´▽`=)ノ」
「うふふ」
なんてやり取り。楽しんでいたからね(´∀`*)

続いて、ハイレゾ体験!
数多ある曲の中から、スフィア「Sticking Places」「微かな密かな確かなミライ」を試聴。
密閉型で遮音性の高いヘッドフォンというだけでも普段とは違うのに、
そこから流れる音といったら・・・おおぉーすげーというのが第一印象でした。
ただね・・・演奏の音楽がクリアで豪華になったぶん、
ボーカルが埋もれてる気がしました。
バランスの問題なのでしょう。

会場外には「七つの大罪」から「豚の帽子亭」が設置^^
20140924_9.jpg

20140924_a.jpg

20140924_b.jpg

20140924_c.jpg
ホークかわええ。

こういうアニメ関連イベントとしては、関西最大級ということだけど
やっぱりまだまだ小さいですねぇ。
出展小間数も少なくて半日あれば回りきれる内容。
だけど初日の行列は過去3回足を運んだ中で最長でした。
入場者数も過去最高とのことなので、次回はもっともっと大きなイベントになることを
願いを込めて期待しております。

9月21日、平安神宮
平安神宮奉納ライブの開場は18時。
京まふは16時へ終了。
この間の2時間どうしよう・・・
昼に一度お参りしておみくじもひいたけど
また下見でもいくかな。

境内を歩いていると、前から女性が2人。
制服風スカートにTシャツ・・・シスターズ!?(fripSideのダンサー)
おおぉーと感嘆しつつステージ後ろあたりへ差し掛かったとき、
南條愛乃さんとsatさんがステージへ出てきた(゚д゚)!
やべ、居ちゃいけないかなと思ってたら
私を含め居た10数人へ向けて、気さくに手を振ってくれた♪
ガードマンは居たけど、録音撮影は禁止というだけで、
リハは見ていても良さそうな感じ。
「future gazer」などを抑えながら1コーラス歌っては調整している様子、
リハを見るのは初めてなんで、なんとなく背徳感もありすごく興味深かったな^^
リハ終了、我ら拍手、またこっちに手を振ってくれた♪

9月23日、あべのキューズモール。
13時からLiSAさんのアコースティックフリーライブ。11時30分に階上のイイ場所を確保。
だが炎天下。しかもあと1時間30分もある。ツライ・・・
12時過ぎ、スタッフが出来てて
「これからLiSAさんがリハーサルを行いますが、くれぐれも撮影録音はご遠慮ください。」
リハ観れるの?? マジでー!?
登場して普通に観客へ話しかけてくるLiSAさん(*^。^*)
リハでは、しっかり声出ししては「低音の返しを上げてください」とか話していたような。
そして突然「♪あい~さんさんと~ 違う?(笑)」と愛燦々を歌いだすw
「いま美空ひばりさんをよく聴いてる」と、お祭りマンボを少し歌ったり。
思わぬ公開リハーサルに、待ち時間のツラさもどこかへ行っちゃった^^v

9月21日(日)京まふ会場近くの平安神宮にておこなわれた
「平安神宮奉納ライブ2014」へ行ってきました。
出演は、fripSide/藍井エイル/Ray/i☆Risの4組(敬称略)
20140922_1.jpg

日も落ちた19時、曇り空のため星も月も見えない暗闇の中、
大極殿をバックに開かれたライブは、
自身初めての解放感と荘厳さで、実にいつもと違うテンションになりました。
地面が砂利というのも、初めてで奇異な感覚でしたね^^;

開演に先立ち、まずステージと客席へお祓いがありました。
全員で低頭。

一番手は、i☆Risの6人。
正直、最後の曲のみはA&Gで聴いたことあるくらいの知識で、
傍からは知らないのバレバレながらも楽しませてもらいました^^

二番手は、Rayさん。和装風の衣装が可愛かったです^^
「凪のあすから」の曲「ebb and flow」「lull ~そして僕らは~」を立て続けに披露。
客席で振られる青のペンライトが、作品に沿った“海”のイメージに見え、
とても幻想的で感動しました。
そして一転「To LOVEる‐ダークネス‐」絡みで
「やわじゃないDID!!-Catch me! To LOVEる-」「楽園PROJECT」の2曲。
ペンライトもピンク色が多く広がりましたねw
私も楽園PROJECTはテンション上がりました!
ところが、2コーラスサビで突然演奏ストップ!
「サプライズで仕組まれた、作戦PROJECTか!?」
・・・いえ、単なる機材“To LOVEる”でした^^ゞ
また最初から歌い直しで、観客は得しましたね♪

三番手は、藍井エイルさん。
「ソードアート・オンライン」絡み「IGNITE」「INNOCENCE」「虹の音」の3曲に、
今日来てよかったー♪と感じさせる喜びがありましたね。
ラストは「キルラキル」のOP「シリウス」!
テンション上がらんわけないでしょ!!
いやぁ楽しかったです^^

最後は、fripSide。南條愛乃さんは赤の和装風!
http://instagram.com/p/tNyCmQFnJR/
1曲目「black bullet」に続き、
超電磁砲から「future gazer」「only my railgun」「eternal reality」「sister's noise」
only my railgunではsatさんが前に出てきちゃった代わりに、
南條さんがキーボードの位置に立つ場面もww

最後は全員集合で「二拝二拍手一拝」の拝礼。

こういうフェス形式は、知名度の高いアニメ作品のテーマ曲で固めてくる
濃密な感覚がいいですね。
なにせ、普段とは違う稀有な空間で、
こんなに高まる選曲のライブを楽しめた事に大満足です。
来年もきっと開催されるでしょう。スフィアの皆さん、お待ちしております(*´艸`*)