私が投稿を続けている「スフィアのオールナイトニッポンR」で募集されている
個人コーナーも4月放送分から第3シーズンに突入します。
そこで第2シーズンでの自分を振り返る備忘録をまとめてみようと思いました。
てめぇごときの採用数で分析するなというツッコミは無しで^^;

「やんやんアキコ」
5月・6月・8月・10月・11月・1月の6回採用。
4コーナー中、一番採用数が多いことと
普段ひと月に1コーナーあたり4~5本のネタを送るところ
このコーナーは2~3本と少ないので、採用率は断トツという相性です。
自分のパターンとしては、「パカ」「モフ」をキーワードに交えた
「うっかりオチ」「不遇オチ」をつくることが多かったです。
序盤は「パカンス」「モフクワ」「スーパーカー」等のワードを浮かべて
それを使うオチへ持っていくネタを作る方法だったけれど、
後半には「タイトル=○○やん」を考えてから、
そのタイトルに合ったネタを“割と雑に作る”スタイルになりました。
例外は、あやっさん・ミーナ・とまつハルカスのエレベーターガールが
総出演する話を作ってみたかった理由で作ったネタですね。
これは正直採用されるとは思っていませんでした。
これまでに無いパティーンのネタだったし、長文だったし。
「続きが気になる」とは言われましたが、続きをつくるつもりも
考えることすらも最初からありません。
のせられて作っても拾われないのは、わかってますから^^
ただ、私がこのような“例外”に走るのは、
「ネタがない」「飽きた」ときにやる習性。
なので、割と雑に作るようになったのだと思います。
もう一つ、言い方は悪いけれど「これでいいのか?」っていう位の
このコーナーで求められる軽いオチのネタは、自分の理想とする方向でなく
やればやるほど“腕が落ちそう”と感じていたため、コーナー終了は正直歓迎なのです。

続いて始まるコーナーは「ボクの妹が舟を編んだらこうなった」
ラノベ風のタイトルと、そのプロットを考えるのが楽しい♪
自分のネタで、こんなにニヤニヤうけたのは久しぶりかも^^
採用されたらいいなヽ(=´▽`=)ノ
スポンサーサイト

東京から続いてきた「他人の目」もついに最終公演。
朝から「自他ともに認める雨女・寿さん」らしい大雨でありましたが、
劇団側のご厚意により早い時間からロビーにて待機させて頂きました。
本当に助かりました。ありがとうございました^^

田中正彦さんの、前半の飄々さと後半の道を説く演技。
家中さんとの絡みは言葉巧みなコントにも取れおもしろかったです。
家中宏さんの、厳格でありながら時折見せるコミカルな仕草。
寿さんを問い詰める迫力が凄まじく、本当に寿さんが泣いちゃうんじゃないかと
思うくらいでした。
寿美菜子さんは、若くして身に会わない立場となってしまい苦悩する役どころ。
軽さやジレンマからくる沢山の表情や演技をシッカリと表現されていました。

憚らず言うと、寿さん目当てで観劇したものの、
もともと会話劇が好きな私なので、前半田中さんと家中さんのシーンで
この舞台が好みであると認識するのはすぐでした。
そして幸運にも大阪3公演とも最前列センターブロックで観劇し、
迫力・臨場感という生芝居の醍醐味を味わい、且つ寿さんを至近距離で
拝見する緊張感と昂揚感に充実した2日間でした。
出演者の方、劇団の方、本当にお疲れ様でした!!
20140330_1.jpg

20140330_2.jpg
(追記)
1回目カーテンコール
上手側扉から、田中・家中・寿イン→手を繋いで一歩前へ→上手側扉へアウト
2回目カーテンコール
上手側扉から、田中・家中・寿イン→下手側扉へアウト
3回目カーテンコール
下手側扉から、田中・家中・寿イン→家中、スカートの裾をつかんでおじぎするポーズw
→上手側扉へ向かう田中、家中が寿を誘導し二人は下手側扉へ田中に向かって手を振りながらアウト(^-^)ノ
→田中、してやられた表情で上手側扉からアウト(^▽^;)

寿美菜子さんが出演されている舞台「他人の目」
待望の大阪公演がスタート!
20140329_1.jpg
舞台はロンドンのブルームズベリーにあるチャールズ・シドレイの公認会計事務所の秘書室。
チャールズが依頼した私立探偵者から来たジュリアン・クリストフォルウが、
チャールズの20歳年下の妻べリンダの「浮気の実態について」の、
報告書を持って参上している。
ロンドンの街中の描写を織り交ぜながら、3人の心のありようが交差していく・・・・・・
~チラシより引用~

明日も公演があるのでネタバレはさておき、ベテランお2人を相手にしての美菜ちゃんは
比べてしまうと「間」が不安定かな?と思いましたが、
感情を込めるセリフは流石に感じました。
シリアスな中に時折混じるユーモアが何とも独特で海外脚本らしさがありましたね。

全席自由席で先着順とのことで、かなり早い時間から並んだおかげで、
2公演ともセンターブロック最前列で観劇できました。
まーーーー、美菜ちゃんが近い!!!!
とっても貴重な経験でしたわ(´∀`*)
20140329_2.jpg
グッズTシャツ、もちろん購入w

20140329_3.jpg
敷地内の桜は、ほぼ満開^^ 一般の方もかなり足を止めて写真を写されていました!


東京レイヴンズ 最終回
豊崎愛生さんの慟哭に涙。
ちょっと駆け足な感じがしましたね。
続きが出来るまとめ方だったので、是非^^

キルラキル 最終回
最終回も全快走行でしたね!
こちらは完結^^ お疲れでした

凪のあすから 第25話
これはアカン展開、しかも予告がまたアレだし。
見るのがツラい最終回になりそう(;´▽`A``

Pl@net Sphere第249回のオープニングトークでは、
消費税アップにちなみ「8%」が計算しづらいと愛生さんが発したことから
とんでもない衝撃事態に発展しました。

はい、120円に8%上乗せすると、おいくらでしょうか?
120に1.08かけるもよし、暗算するなら120に0.08かけて、120足すのが楽ですね。
こういうのが苦手なのは解っていましたが、あまりにも酷いw

戸松遥さん「129.6円」
20140327_1.jpg
正解です。自信をもって!

寿美菜子さん「960円」
えぇ?120円が960円って、700%アップですぜ!
小数点の打つ位置を揃えるとか話していたから
20140327_2.jpg
こうしちゃったのかな。

高垣彩陽さん「141.6円」
なぬ?差額が21.6円・・・
20140327_3.jpg
こうすれば141.6円ですね。18%かかってますよw

でもね、今120円のものが8%になったら?と話していましたから
現在は5%かかっているんですよ。
なので120÷1.05×1.08≒123.43なんですよね^^(←最初間違ってたのを直した(>▽<;;)

Pl@net Sphere第249回の「ランキングバトル!みんなに聞きました!」では
「スフィア歴代CDジャケットの中で一番のお気に入りは?」が発表されました。

これは意見が割れそうなテーマで予想がつかなかったですね。
1位は・・・あぁーなるほどそれもイイですね^^
なかなか興味深いランキングでした。
ちなみに私が投稿したのは「Hazy」の通常盤
4人集合のショットが多いなか、珍しいワンショットであることと、
大人びた表情がたまらんとですよ。
ランキングに通常盤・初回限定盤などの区分けは無かったものの
同じく「Hazy」を選んだ人は居たのか???

詳しくは、配信を聴いてください^^b

豊崎愛生さん10枚目のシングル「ディライト」が、5,513枚を売り上げ
オリコンシングルウイークリーチャート17位に初登場しました!
20140326_1.jpg
えっ?5千枚台って・・・('〇';)

朗読劇「私の頭の中の消しゴム」で高垣彩陽さんが出演する日程が発表されました。
http://keshigomu1.exblog.jp/21627690/
6月2日(月)14時
6月6日(金)19時

・・・平日じゃないか!!ヾ(*゜Д゜)ノ
金曜日はなんとかするとして、月曜日は休みづらいな・・・
しかも先行抽選予約が来週4/2から始まるとな。
各公演10名にセンターブロック3列目確約の「ビタミンチケット」は、
会費がかかるのでパスして、銀河劇場チケットで申し込みます。

M-ON!TVにて3月23日放送「リスアニ!LIVE4」で、
スフィア「Sticking Places」が初映像化!!
20140324_1.jpg
ついにきましたねー!TLも大歓喜でしたね♪

20140324_2.jpg
彩陽さん跳び遅れの巻w

続いて2曲目の「Planet Freedom」ではhitough.gif
はるみなハイタッチ!!♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ

あー、早くスフィアのライブ行きたい!!

3月22日にM-ON!TVにて「アニメ紅白歌合戦Vol.3」の放送がありました。
先に放送されたBSスカパー!版が、あまりにも私的に嬉しくない編集内容で
あったせいもあり、放送時間が30分間延びたとはいえ期待していませんでした。
だが、やってくれましたね!
「冒頭の司会トーク」少々オンエア!
スフィアと吉田アナのトークあり

「変態音響監督」オンエア!
高垣さんのロリ声、戸松さんのお姿、有難うございました^^
登場時のポーズ、退場時の小走りがファニーでしたw
20140323_1.jpg


「140文字のハートストーリー」オンエア!
ポルカさんと呼ばれた時の愛生さんの反応をつい見てしまう認知厨^^;

「ももスフィ」後のエンディング衣装あり。

「ライオン」「マジLOVE1000%」は無理にしても、
これで「Sticking Places」があれば満足だったのにな、惜しい♪
だけど、ありがとねM-ON!TVさん。