阿澄佳奈のキミまち! 第8回 5月28日放送分
リクエストテーマは「ゲームが原作のアニメソング」。
私が送った「夢を信じて(徳永英明さん)」を、
キミまち!キャラバンで登場した長谷川アナのリクエストでオンエアされ、
同曲をリクエストしたリスナーとして、名前を呼ばれました^^q

ちなみに、この他「ひぐらしのなく頃に」を送ってみましたよw
オンネアされたときのタイムラインが楽しみだったのだけどね。
次回のテーマは「フリー」。但しハガキのみ。
ジャンピンスフィアが終了した為、ハガキは沢山余っているので
スフィアを中心にメンバー曲も送りまくっています。
オンエアされるといいな~♪
スポンサーサイト

セカンドショットフェスの感想目当てで、出演番組をチェックしました。
ニヤニヤした部分を文字おこし。

楠田亜衣奈・渡部優衣の気分上等↑↑ 第138回
ゆい㌧「余りにも戸松さんが、キャラがすごくてビックリしたね」
くっすん「去年のセカンドショットフェスの時からすごかったけど」
ゆい㌧「薄々なんとなく思ったけど、あらためて・・・怪物でしたね」
くっすん「尊敬します。ホントに」
ゆい㌧「あの脚だけ見てると、想像しないじゃん。」
くっすん「そう、外見はすごい美人さんだし、可愛いし、おしとやかそうなのに」
ゆい㌧「振り切れてたよね」
くっすん「あの振り切り具合、そんなことしなくてもやっていけるでしょアナタ、っていう」
ゆい㌧「ミュージックレインさんの印象が変わりましたね」
くっすん「変わりました」
ゆい㌧「こういう方もいらしゃるんだと」
くっすん「それは戸松さんだけじゃなくて、高垣さんとかもー、
すごいしっかりしたお姉さんって感じなんですけど、
カッコイイ感じの方かなと思ったら、すごいハッチャけてて、
なんかそういうところで好印象というか、“素敵な先輩たちだな”って思ったんですよ、私は。」
ゆい㌧「思った。皆さん優しかったし」
くっすん「大ファンになりました。スフィアの皆さんの」
ゆい㌧「ね、素敵でした」
くっすん「我々も、もうちょっと爪あとを残せるように頑張ってこ」
ゆい㌧「ああやって爪あとを残していかんと、イカンってことよね」

次回のセカショフェスが、益々カオスになりそうw

5月25日放送ミュ~コミプラス、ゲスト豊崎愛生さん回に向けて
「変態音響監督」用のセリフをTLへ放流。
前もって考えていたもの、咄嗟に考えたもの、
18コ放って、1コだけ「いいね」を貰って候補になったけれど、
全45コもあった候補セリフから選ばれて、本番で使われることはありませんでした。
これはしょうがないし、よくあること。
豊崎さん自身が設定を考えるトークが長く、
普段より採用数が少なかったのじゃないかな?
でも存分に楽しませていただきました。流石です。

候補となったセリフ達をのぞくと、
フォローしている人で、別の「専用アカウント」を使っている人がチラホラ。
フォロワーのタイムラインがセリフで散らかるとか、
フォロワーに見られるのがイヤとか、理由があるのですかねぇ。
同じく真似る気はありませんが、気持ちはわかります。
結構恥ずかしいセリフを書く時もありますからね。
私は「見たけりゃ見れば―。」
「見たくなきゃミュートなりフォロー外せばー。」ってところです。
おもしろいな、つまんねーな、何言ってんだ、
あー今日はミュ~コミだからだな、しょうがねぇなあ、とご自由に。
ただ、触るな!
「いいね」も「RT」も、オンエア前はミュ~コミ公式だけにしてくれぃ。
セリフに「いいね」が付いて、やった♪と思ったら
関係無い知らねーヤツからのもので、
ぬか喜びを喰らい実に不愉快でしたぜ。

5月13日開催「セカンドショットフェス2017」昼の部の
番組コラボが発表されました。
20170509_1.jpg
高垣彩陽さんは4番組のコラボ。接点の無さそうな4人と、どう絡むのだろうか?
はっちゃけた時に、誰かちゃんと拾ってあげてください。

豊崎愛生さんは、井澤詩織さんとの2人。
20170511_1.jpg
若者だからわからなかったけれど、調べたらこのことですね。
20170511_2.jpg
そういや、2013年のおからじバースデー回でゲスト出演され話していましたね。
失念失念^^;

戸松遥さんと寿美菜子さんは同じコラボグループとなりました。
人見知りの戸松さんにとっては、寿さんが居るのは心強いでしょうw
寿さん・渡部優衣さんの関西弁トークが聞けたら、個人的に嬉しい^^

この前書いたチーム分け妄想は、「夜の部」ですからね!
http://motomotoanime.blog.fc2.com/blog-entry-2871.html

テレビ朝日系で日曜深夜に放送中の「関ジャム 完全燃SHOW」。
音楽に関して、詞や曲を理論的に分析しているのがお気に入りで、
たまに見ています。
その関ジャム5月7日放送分のテーマは「アニメソング」でした。
番組欄から察するに「ラブライブ!」「けものフレンズ」を扱う内容を考えていて、
そうシッカリとは見ていませんでしたw
録画もしていませんし。
ところが、GLAY・HISASHIさんの弾いてみた動画を紹介したり、
「けいおん!」を紹介したりで、テンションが上がりました。
でも一番のシーンは、スタジオゲストの志田未来さんが
「スフィアのライブを観に行ったことがある」と話し、
テロップにメンバーの写真と説明が表示されたところですね。
経緯は語られませんでしたが、お互い親友と公言している川島海荷さんが、
「SPLASH MESSAGE!」を観に行ったということなので、
この繋がりなんだろうと思います。
20170508_1.jpg
では川島海荷さんと、スフィアや戸松遥さんとの繋がりといえば?
調べてみましたら、
以前所属していた「9nine」として、
スフィア4人とも出演していた「べるぜバブ」のテーマソングを歌っていたり、
戸松さんが出演していた「となりの怪物くん」「STAR DRIVER 輝きのタクト」等の
テーマソングを歌っていたりと、結構縁があったのですね。
とにかく、扱われたとしても文字だけだろうと思っていたところ、
トークに登場し嬉しかったです♪

家ではテレビ「REGZA Z9000」を用いて深夜アニメを連ドラ録画し、
空いた時間に纏めて観ています。
クールの初めに「連ドラ録画予約設定」をし、あとはお任せです。
しかし「夏目友人帳 陸」が録画できていない!
「陸(ろく)」なのに「録(ろく)」画できていない!
はい。

第2話が録画されていなかった時、ググった知識で「検索ワードの設定」を
おこなったにも関わらず、確認したら次回の予約がおこなわれておらず
手動設定を繰り返す毎週。
他番組の設定を見ると
「Re:CREATORS[新]第1話」が検索キーワードになっていても、
「Re:CREATORS(レクリエイターズ) 第5話」をキチンと予約されているし、
「[新]進撃の巨人 Season2 #01[字]」が検索キーワードになっていても、
「進撃の巨人 Season2 #06「戦士」字(←□囲み)」を予約されています。
なのに、
「夏目友人帳 陸」を検索キーワードにしても
「夏目友人帳 陸 第五話「縛られしもの」」が予約されていないという・・・
この検索キーワードの謎過ぎる判定には手を焼きます。
第四話がいいところで「つづく」になったから、観られないと困るのよー!

もしミスっても、ニコニコチャンネルで補完できますけどね^q^

このブログ、最初はmixiで綴り始めたのを引っ越して、
いつのまにやら趣旨が変わったけれど(笑)、
自分の「思考と感情と発言と記憶の記録」という基本は変わらず。
人に見せる物を主眼とせず、自分で振り返ってニヤニヤする為だけの物です。

そんな「マイメモリー」を、毎日のようにチェックする人もいるようです。
解析によると、1日に60~80の人が150~200ページを見ているそう。へー。
それが先日、人数は変わらないのに、普段の2.5~3.3倍に相当する500ページを
見られたという・・・
20170429_1.jpg
どうやら1人で、断続的に6時間かけて、350ページを見ていた模様。
そんな「やみつき」になるほど面白いのかねぇ。ひくわー。

Re:CREATORS 第3話
あらかじめ「まずは第3話まで観て欲しい」と声が挙がっていた、勝負の第3話。
普通こう表現されると、続きが気になる急展開をイメージしますが、
ざっくりまとめると、
・「反・軍服の姫君キャラ」新登場
・「親・軍服の姫君キャラ」新登場
・創造主による改変実験
・軍服の姫君、謎の発言
と、視覚的にバトルのような派手さがあるわけでも、
展開が大きく変わったり加速したりするわけでもない、「説明回」でした。
しかし、ここで視聴者も考える「設定やルール」を検証し明らかにしてくことは
とても重要で、「考察する視聴者」にとっては、実にイイ第3話だったと思います。

それに、改めて「キャラクターと声が合っている」と感じましたね。
これからも多くのキャラクターが出てくることになっています。
どんなキャラクターに、どんな声がつくのかも楽しみです!

テレビドラマ「ファイナルファンタージXIV 光のお父さん」がスタートしました。
親子関係のストーリーがベースになりながらも、
アニメファン的には、南條愛乃さん・寿美菜子さん・悠木碧さんが
ゲーム内キャラクターとして声の出演をしており、
ゲームファン的には、FF14の世界を反映していることを含め、
中々受け口が広いんじゃないかなと思います。

第1話を観て、
マイディー(CV:南條愛乃さん)の中性的な声、
あるちゃん(CV:寿美菜子さん)のシッカリとした性格さ、
きりんちゃん(CV:悠木碧さん)の可愛い声、
みなさん良かったです^^
FF14はプレイしたことありませんが、
プレイヤーが観れば結構「わかるわかる」という部分があるのかな。
大杉漣さんの、お父さんプレイは「わかるわかる」と思いましたがw

このストーリーでは、息子が素性を隠しながらゲーム内で父を助け、
一緒に強敵を倒したのち、息子であることを明かそうと考えている。
と、話していました。
これを受け思い出した、ちょっぴり昔話があります。

私は昔、このFF14のように大勢の人と同時プレイをする
MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)にハマっていました。
今使っている「ポルカ」という名も、
当時聴いていた「porno chaos(ポルノカオス)」という
淫猥な曲タイトルをつけたプレイキャラクター名を、
ギルド(いわゆるチーム)のメンバーから、
「長いから“ポルカ”にしよう」とつけられた愛称・略称なのです。
なので、スフィアのメンバーが名を読んでくれる度、
「“ポルカ”の“ポル”は“ポルノ”やで」と密かに背徳感を感じています、という余談。
そのギルドで知り合ったPさん(仮名)という、毎日仲良く遊んでいた
メンバー・仲間・相方・マスコット(笑)が居ました。
チャットでの口調は女性でしたが、リアルはどうなのかは、わかりません。
このゲームは、1アカウントで4キャラを作成できるため、
大体の人は、メインキャラ以外にサブキャラを作成します。
そのキャラを同じギルドに所属するか、別のギルドに所属するかは様々で、
私は1キャラだけ、ポルカのサブキャラであることは全く内緒で、
K(仮名)という名で、別のギルドへ所属させていました。
そこへ偶然、PさんのサブキャラCさん(仮名)が所属してきたのです。
キャラ作成時、レベル上げを手伝っていたので、すぐわかりました。
しかし、Pさんのサブキャラは、私のサブキャラ名を知りません。
どうしようか・・・私は黙っていることにしました。
メインでは、仲のいいポルカとPさん。
サブでは、ちょっと距離のあるKとCさん。
こっちは同じ人と知っているけれど、向こうは別人と思っている。
当初は面白いかな?と思い黙っていたことが
月日を重ねると共に、後ろめたさを増していきました。
何か月間経ったか忘れてしましましたが、私は意を決して明かしました。
もちろん驚かれましたし、「ひどい!」と(たぶん冗談半分で)なじられました。
ただ、すぐに「偶然の出会い」のことの方が面白いね!と元通り。
さっさと明かしていたら良かったな、なんて思った日がありました。

マイディーも、時間が経てば経つほど、明かしづらくなるんじゃないかな。
それが心配だなと、自分の経験を照らし合わせて思った次第です。

BS11・TOKYO MXにて土曜25時から放送中の
「上坂すみれのヤバイ○○」が、文字通りヤバいですww
(公式サイト)http://king-cr.jp/artist/uesakasumire/yabaimarumaru/
第1回は、水瀬いのりさん。第2回は、水樹奈々さんをゲストに迎え、
上坂すみれさんが好き放題もてなす(?)、扱うコーナーが見どころです。
水樹奈々さんはビッグなのに、あんなことさせられてねw
「スフィアクラブ」を引き合いに出す人も居ますが、
スフィアは「演じているシュール」であること、
上坂すみれさんは「演じていないシュール」であることの違いがあると思います。
キングレコードの番組であるため、ゲストは限られますけれど
今後の放送も楽しみです。