セカンドショットフェスの感想目当てで、出演番組をチェックしました。
ニヤニヤした部分を文字おこし。

楠田亜衣奈・渡部優衣の気分上等↑↑ 第138回
ゆい㌧「余りにも戸松さんが、キャラがすごくてビックリしたね」
くっすん「去年のセカンドショットフェスの時からすごかったけど」
ゆい㌧「薄々なんとなく思ったけど、あらためて・・・怪物でしたね」
くっすん「尊敬します。ホントに」
ゆい㌧「あの脚だけ見てると、想像しないじゃん。」
くっすん「そう、外見はすごい美人さんだし、可愛いし、おしとやかそうなのに」
ゆい㌧「振り切れてたよね」
くっすん「あの振り切り具合、そんなことしなくてもやっていけるでしょアナタ、っていう」
ゆい㌧「ミュージックレインさんの印象が変わりましたね」
くっすん「変わりました」
ゆい㌧「こういう方もいらしゃるんだと」
くっすん「それは戸松さんだけじゃなくて、高垣さんとかもー、
すごいしっかりしたお姉さんって感じなんですけど、
カッコイイ感じの方かなと思ったら、すごいハッチャけてて、
なんかそういうところで好印象というか、“素敵な先輩たちだな”って思ったんですよ、私は。」
ゆい㌧「思った。皆さん優しかったし」
くっすん「大ファンになりました。スフィアの皆さんの」
ゆい㌧「ね、素敵でした」
くっすん「我々も、もうちょっと爪あとを残せるように頑張ってこ」
ゆい㌧「ああやって爪あとを残していかんと、イカンってことよね」

次回のセカショフェスが、益々カオスになりそうw
スポンサーサイト

5月25日放送ミュ~コミプラス、ゲスト豊崎愛生さん回に向けて
「変態音響監督」用のセリフをTLへ放流。
前もって考えていたもの、咄嗟に考えたもの、
18コ放って、1コだけ「いいね」を貰って候補になったけれど、
全45コもあった候補セリフから選ばれて、本番で使われることはありませんでした。
これはしょうがないし、よくあること。
豊崎さん自身が設定を考えるトークが長く、
普段より採用数が少なかったのじゃないかな?
でも存分に楽しませていただきました。流石です。

候補となったセリフ達をのぞくと、
フォローしている人で、別の「専用アカウント」を使っている人がチラホラ。
フォロワーのタイムラインがセリフで散らかるとか、
フォロワーに見られるのがイヤとか、理由があるのですかねぇ。
同じく真似る気はありませんが、気持ちはわかります。
結構恥ずかしいセリフを書く時もありますからね。
私は「見たけりゃ見れば―。」
「見たくなきゃミュートなりフォロー外せばー。」ってところです。
おもしろいな、つまんねーな、何言ってんだ、
あー今日はミュ~コミだからだな、しょうがねぇなあ、とご自由に。
ただ、触るな!
「いいね」も「RT」も、オンエア前はミュ~コミ公式だけにしてくれぃ。
セリフに「いいね」が付いて、やった♪と思ったら
関係無い知らねーヤツからのもので、
ぬか喜びを喰らい実に不愉快でしたぜ。

高垣彩陽のあしたも晴レルヤ 第346回 5月24日放送分
割と近々の収録。
「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」千穐楽後の感想
「セカンドショットフェス2017」の感想
「ニューシングル Futurism」リリースについて
「私の頭の中の消しゴム9th letter」出演決定について
「ラフィングライブ Cash on Delivery」出演決定について
と盛り沢山の内容があり、各々のメールを読む回となりました。
ほんと、これだけ一度にテーマが豊富となるのは珍しいです。

その中で、私が送った「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」の感想メールを
読んでいただきました。ありがとうございます。
カットされていましたが、私のメールですので「大阪公演」についてです。
で、5月8日に収録したと推察できる、5月10日放送第344回で、
大阪公演の感想メールを読んでおり、5月9日に送った私のメールは
もう出番が無いと思っていました。
読むしたら千穐楽に関するメールだと思っていたので。
だから私が呼ばれたときは驚きましたね。
ありがたや、ありがたやです^^

その晴レルヤの後の番組「今村彩夏のSTAY GOLD」では、
放送150回を記念して、高垣彩陽さんへプレゼントを贈ろうという企画が!
直接渡すことは出来ず、スタッフさんを通じて届けられた様子。


この件、また晴レルヤで話があるでしょうね。

スフィアのツアー連動企画「マジカルスフィア全国ツアー編」がスタート。
まず「神奈川といったら?」と出題。
答えは3択↓
A. 観覧車
B. 横浜マリンタワー
C. 中華街

普通に考えたら「中華街」。そんなサービス問題なのだろうか・・・?
「横浜マリンタワー」は、関西の私からしたら知名度が低く、
この選択肢に加わっているのが、怪しく思えます。
会場の神奈川県民ホールに近いこともあり、
4人の中で何かエピソードがあるのかもしれません。
だけど、この2つはヒッカケと見て、私の予想は「観覧車」!!

Sphere portal squareにて、ライブツアー“We are Sphere!!!!”の
連動企画が全て発表されました。
https://sphere.m-rayn.jp/contents/91670

1.Tシャツデザイン大募集!
最早何も言うまい

2.SNSアイコンプレゼント!
1回だけやりましたが、何か忘れたし使うつもりはありません。

3.マジカルスフィア全国ツアー編
前回と違って、4人のつなぎを考える必要は無く
最後の「公演地名といったら○○○○」の部分を選択肢から当て、
ツアー合計で何回当たったかが勝負の分かれ目。
全問は無理にしても、5問以上は当てたいな。

4.デジタルスタンプラリー
通常のスタンプは、会場でないと捺せないけれど、
これは特設サイト内でゲットする仕組みだから、
公演へ参加しなくてもイイのだろうか・・・

5.ツアー舞台裏レポート
叶うなら高画質・大画面でお願いします。

6.スピードくじ
マスター、いつもの。
私は、一度も当たったこと無し。

嬉しいのは5番ですね。更新頻度、期待してますよ!

寿美菜子のラフラフ 第215回 5月20日放送分
「ようこそコトブキホール」で、私の質問「○○物語といえば?」を採用頂きました。
予想の「指輪物語」に対して、寿さんの回答は「竹取物語」で、
またまたまたまたまたまたハズレ。
しかも「指輪物語」そのものを知らなかった様子。そりゃ当たらんわ。
なお、最初は「串家物語」が浮かんだけれど、
これは絶対当たらないと変更したそう。
http://www.kushi-ya.com/
いやぁ、どうせ当たらなかったから、「串家物語」と答えてくれた方が、
諦めがついて良かったかもw

あー、こんなに採用してくれてるのに結果を出せないなんて、
ポンコツのレッテルが貼られそうで怖いなー。

スフィアライブツアー2017“We are Sphere!!!!”
神奈川公演のチケットが到着しました。

1日目は、2階席の一桁列・戸松さん側。
座席表を見ると、前へ飛び出した作りになっているせいで
“おもしろそうな席”だなと。
2日目は、1階席のほぼ最後列・センターやや高垣さん寄り。
初めていく会場だから、早めに入ってウロウロと見学しようかな^^

5月13日開催「SECONDSHOT FES-Girls Members-2017」の
昼の部へ参加しました。

昼の部は、あらかじめ発表されていた番組コラボでのステージ。
暗転の中、スクリーンにはオープニング映像。
TrySailと戸松さんと豊崎さんへの歓声が多かったように思いました。
それより私は、「SECENDSHOT FES」というスペルミスが気になって・・・
これは夜の部も直っていませんでした。

オープニング、全員が登場することなく、
ゴー☆ジャスさんの登場。
ゴー☆ジャス「ゴー☆ジャスのこと、知ってる人?」と尋ね、大勢が挙手した次、
ゴー☆ジャス「ゴー☆ジャスのこと、だーい好きな人?」と尋ね、
その手が一斉に降ろされる“お約束”が面白かったです。
持ちネタは「お化け屋敷」。暗いなー暗いなー、ここウクライナ!でした。

最初のコラボは
「TrySailのTRYangle harmony」と「Pyxisのキラキラ大作戦!」
全員、夜の部用にイベントTシャツを既に着用。
Pyxisのお二人は、お馴染みのつなぎ。
TrySailとの共演ということで、髪に三色のヘアピンで三角形をつくっていました。
雨宮天さんは、濃青のタイトなパンツ。
もちょは、ロングスカート。
夏川椎菜さんは、「夜は運動会らしいから」とジャージを着用。
キラキラ大作戦にちなみ、目尻にキラキラとラメを。
この5人で、普段「キラキラ大作戦」で行っているコーナー、「先生大作戦!」を実施。
最初の先生役は、伊藤美来さん。
はしゃぎまくって、なかなか伊藤先生の指示通りに着席しない生徒役の4人。
雨宮さんが座ろうとした椅子に、横からもちょが座り押しのけ、
押し出された雨宮さんが“子ども泣き”をするというw
用意された箱から、子ども役が質問の書かれた紙を引き、子どもっぽく尋ねる。
伊藤先生は、ちょっとなめられた頼りない感じの先生。
豊田先生は、「いじってほしい」あぶない先生
夏川先生は、これまた頼りなさそうw
もちょ「うまみってなんですか?」
夏川「これは先生知ってます。昆布とかから出る・・・
グリコール? グルコサミン?」
 それを言うならグルタミン酸です。
もちょ「あいつ、ばかだぞ~!」 こらw
メガネが結構似合うもちょ先生は、ドライな回答。
雨宮先生は、Sっ気満々のスパルタ先生w
生徒の並び上、最後の伊藤さんが質問を引く前に時間切れとなるお約束も。
それ以前に、質問の紙が足りなくなっていたけどね。
最後、どの先生が一番良かったか、客席の拍手で決定することに。
もちょ先生と雨宮先生との決戦投票の結果、雨宮先生が勝利!
ちなみに私は、もちょ先生へ拍手しました。
正直、昼の部コラボで一番面白かったです。
率直にPyxisのお二人が良いキャラだなと。
ただ、みんなが一斉にしゃべるからゴチャゴチャになってたかな。
時間がおしていたそうで、ゴー☆ジャスさんが出てきての質問タイムも短め。
なぜか、スタッフの並べた椅子が1脚多かったです。

2番目のコラボは、
「愛美とはるかの2年A組青春アクティ部!」と「人生道でも飯田里穂」と
「高垣彩陽のあしたも晴レルヤ」と「立花理香の理香学研究所-広報室-」
愛美さんと山崎はるかさんが、学校制服姿というのは実にけしからん^^
「2年A組青春アクティ部!」のコーナー、「アクティ部シアター」にチャレンジ。
スクリーンに映る設定以外はアドリブという内容。
高垣「台本には、感想、終わりとしか書いていない」
宇宙飛行士の訓練生が、ひょんなことから知らない星へ飛ばされたという初期設定。
高垣さんは探索バギーで颯爽と豪快に登場w
ダジャレのムチャぶりでは、ゴー☆ジャスさんの地球儀を渡され、
高垣「まだ助かる。マダタスカル、ここ!」と指差すも、
そこはグリーンランドの西ですねー。
後に、ゴー☆ジャスさんから「マダガスカルの場所を教えておけばよかった」と
言われていました^^;
肝心のアドリブや、特にモノボケは、もう少しがんばりましょう。

3番目のコラボは、
「豊崎愛生のおかえり」と「井澤詩織のしーちゃんねる」
登場して、いきなり客席をバックに写真を撮り出す豊崎さんww
「おかえりらじお」のコーナー、「エスパー愛生ぉ」を実施。
粘土でつくられた像(象)を、井澤さんが木づちで叩き変形させ、
豊崎さんが、元は何であったかを当てるチャレンジや、
井澤さんが、自分で転がしたフラフープをくぐるチャレンジ。
2人で万歩計をつけ、カウントされないようケンケンパをするチャレンジ。
この万歩計がひどい。数歩しか動かなくとも20数カウントするデリケートさ。
企画が破綻してましたな。

最後のコラボは、
「戸松遥のココロ☆ハルカス」と「寿美菜子のラフラフ」と
「楠田亜衣奈・渡部優衣の気分上等↑↑」
おこなうコーナーは「ココロ☆ハルカス」から「笑顔の処方箋」。まじかw
見本をおこなう「スカルハ先生」。
内股の脚をクネクネさせながら、お色気盛り過ぎの言い方ww
ステージ奥に集まりドン引きの3人^^;
演技順は戸松さんの独断。
渡部優衣さんへのお題は、「男子小学生が、寝る前に、ダジャレを言いたくなった」
定番「布団がふっとんだ」で、結構いい仕上がり。
寿美菜子さんへのお題は、「英語教師が、夏休みの終わりに、自分を見つめなおした」
英語教師役なのに、英語のボキャブラリーが少ないぞww
ブルゾンちえみネタで強引に締めるw
戸松さんが「はじめから、最後と決めていた」楠田亜衣奈さんへのお題は、
「神様が」
次の設定が紙切れ。おい、さっきからどうなってんだ!!
戸松さんの案で「紀元前に」
「未来を予想した」
なんか、筋が通ったお題だな。
「2017年5月13日に、メルパルクホールで大勢の人が笑うだろう」と、うまくまとめました。
火傷したのは戸松さんと寿さんだけでしたね。

ゴー☆ジャスさんが締めようと登場。
でも、まだコーナーあるって!?
「アゲラジニュースステーション」を、出たついでにゴー☆ジャスさんがチャレンジ。
下ネタでしたが、戸松さんが大笑いしていました。

エンディング、全員登場も巻き気味の進行で、
悪いけど、スタッフ側の数々のミスが目に余る、
不満が多い昼回でございました。
20170521_1.jpg
カタログは「CATAROG」じゃなく「CATALOG」です!!

正直な感想として、昼回はイマイチ。夜回はすごく面白かった!
次回あるなら反省を活かしてほしいです。

ミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」の公演を
5月に終えたばかりの高垣彩陽さん。
「MUSIC THEATER2017」や「スフィアツアーWe are Sphere!!!!」と
ライブモードと思いきや、
8月に朗読劇「私の頭の中の消しゴム 9th Letter」への出演
http://keshigomu1.exblog.jp/27817172/
そして、12月にラフィングライブ第3回公演「Cash on Delivery」への
出演が決定しました!
http://www.nelke.co.jp/stage/laughinglive3/

朗読劇「私の頭の中の消しゴム」へは、
2014年の6th Letter、2015年の7th Letterに続いて3度目。
ラフィングライブへは、前回の「Run for your wife」に続いて2度連続の参加です。
公演での“働き”もさながら、人柄や真摯さから
「また一緒に舞台をつくりたい」と思ってくれてのオファーなら
ファンとして実に嬉しく誇らしいです。

1か月前に、
「高垣彩陽のあしたも晴レルヤ 第345回 5月17日放送分」の
「あーしたカバンに入れて」採用を目標に手順を記した記事。
http://motomotoanime.blog.fc2.com/blog-entry-2884.html
「ファイバーの日」にちなんで「食物繊維が多い食べ物」、
私の投稿ではありませんが、カバンへ入れるものとして採用になりましたね!
「狙いは間違っていなかった」
放送を聴きながら、勝手に勝ち誇っていました^^