豊崎愛生さんのコラムが掲載されている
ディスクユニオンのフリーペーパー「レコードがある暮らしvol.4」をゲット。
20180421_1.jpg
http://diskunion.net/portal/ct/pickup_topic/73488
電子書籍版で、先にもう読んじゃいましたけどね。
こんどは表紙でお願い^^
スポンサーサイト

はい、毎度おなじみ、発表した翌日の午前10時に販売受付開始。
その時間までグッズデザインがわからない■仕様。
しかも、開始時は一覧に画像が表示されず、
各品番をクリックして、画像をチェックしなければならない不手際。
ひとまずパンフレットのみ購入しました。
残りは現地・・・で買うのかな^^;
いまいち、そそられないなぁ

(この記事には、濁す表現で“某”が沢山出てきます)

某番組で、某アーティストについて語るテーマでの、
某司会者と某プレゼンター(一般大学生)のやりとり。
某曲の歌詞を読んで、某司会者が
「この曲の主人公の女性は、最後どうしてそうしたのだと思う?」と
某プレゼンターへ問うたのです。
これは、各々の捉え方であり、
作った某アーティストが「正解」を示したとて、
それ以外が誤りであると切り捨てられるものではありません。
そう様々に受け取られる歌詞であることが「魅力」だと、プレゼンしているのですから。

某プレゼンターの意見は浅かったけれどw
某司会者の意見は、その考え方もアリだと感じましたし、
私の意見は、また異なるものでした。
一緒に観ていた妻は、私の意見に「なるほど!」と賛同し、
twitterのタイムライン上に、私と同じ意見や、またちょっと違った意見があると話し、
これだけ様々な捉え方が出来るって面白いねぇ、と二人して感じました。

ただ、中に某司会者・某プレゼンターの意見に対して
「この曲をわかっていない」と批判する人が2人居ました。
ならば、この2人はどんな解釈をしているのだろう?
アカウントのツイート欄を見ました。
・・・何も書いていないんですねぇー。
「自分はこう思う」を無しに、よくもまぁ批判できたもんです。
しょーもないヤツがいたもんだw

まだOSがWindows98の頃、
とあるアーティストのファンサイト(ホームページ)をつくっていました。
現在のようにSNSは普及しておらず、公式サイトも活発で無い中、
各々がファンサイトをつくり、数多存在していました。
人気のあるファンサイトはBBS(掲示板)が活発でしたね。
自分は、まぁこのブログと同様にメモ代わりの使い方で、
参加したライブイベント、購入したグッズ等を掲載したり、
ちょっとしたアンケート遊びをしたりして、細々と常連がついていました。

先に記したよう、公式サイトが大して機能していないせいで、
新しい活動情報は雑誌やCDショップを中心に、足で調査する時代でした。
そんなある日、どこのファンサイトも掴んでいない、
未発表のイベント情報をゲットしたのです。
解禁日が定められた情報が、偶然見えてしまったというのが正しいです。
ソースと共に自分のサイトで公開すると、瞬く間にその情報は広まり、
アクセス数や書き込み数が、とんでもないことになりました。
確かに嬉しかった。

しかしそれから、休日の度に情報を求めて歩かねばならない気持ちに
なってきました。まるでゴシップ誌の記者のように。
そしてすぐ気づきました。
「オレは、誰のためにやっているんだ?」
自分の為に始めたことが、誰ともわからない誰かのためになっていました。
某Tuberのように稼ぎになるでもなく、
殆ど声をあげない誰かに見られることで優越感だと?
馬鹿らしい。きりがない。
元通りのペースになったウチのファンサイトは
文字通り元通りに。それでいい。
「自分の為」が、一番の継続力になるんです。

4月配信の「ことはゆ」内で、6月配信を持って番組終了と発表されました。
実のところ、今年に入って聴いていないです。
時間かぶりの生放送である「む~~~ん」をリアルタイムで聴いていて、
後ほどタイムシフトで聴こうとして忘れているという・・・

「ラフラフ」も「ふりすた」も、終わってしまった「どやらじ」も
好んで割と欠かさず聴いている(いた)のに、
その3人が集まると、どうしてこんな冷めたのだろう。

あと2回、久しぶりに聴きます。

阿澄佳奈のキミまち! 第52回 4月15日放送分
リクエストテーマは「渡辺宙明さんが関わったアニメの歌」。
誠に失礼ながら、名前でピンとこず、wikipedeiaで調べて驚愕しました。
特撮では、キカイダーにイナズマン、スーパー戦隊シリーズに
メタルヒーローシリーズ。
アニメでは、マジンガーに火サザまで。
なんと言っても、サンテレビのスポーツ中継曲w
タイガース戦のOP&EDに流れるから、もう1万回以上聴いてるかも。
そんなオッサンにドストライクな曲達を作った大先生へ、
ピンポイントでリクエストした曲「秘密戦隊ゴレンジャー」!
見事採用され、名を読み上げられました^^v
EDテーマだけれど、絶対かかると思っていました。
そしてなんと、この曲に限らず、宙明先生から曲解説をいただけるという、
興味ありすぎて、たまらない内容が進行。
ほんと、2時間ぶっ通しでいい放送でした。
ついつい話がちの宙明先生を、巧くタイムキープする隆道さんの活躍が
冴えた回でもありましたね。

後半のゲストは戸松遥さん。
番組終了後のニコ生での「町内会」にも登場。
流石に前半は、宙明先生を立てて大人しくしていたけれど、
後半、自分の話題の時はグイグイきましたねw
動画で活きる戸松さんでした。

だけど、2名ゲストは勿体ない。
日にちを分けての方が、ゲストもリスナーも良かったんじゃないかな?

寿美菜子のラフラフ 第262回 4月14日放送分
今年になり初のラフラフ採用は、永く干されていたコトブキホール。
挑戦権を得られない間に正解者も増え、このままでは他○名になっちゃいそうだから
ここはワンチャンスを活かしたいところ。

質問は「等身大のラファエロ、体長はどれくらいだと思いますか?」
「何センチ?」と縛ることも考えたけれど、広く構えてしまいました。
予想「30㎝」に対して、寿さんの答えは「15㎝」。半分でした。

実はこれ、過去に送りボツになった質問を再送したものなのです。
今年放送作家さんが代わり、選ぶ目が変わったことで
傾向を探る意味も込め、サルベージしてみました。
ネタ切れじゃないからね!!(汗
で、傾向は探れたのかって? まったく┐('ω`)┌

4月17日21時から放送のラジオ番組「ニコラジパーク」に
寿美菜子さんがゲスト出演!
20180414_1.jpg
パーソナリティは、同じ事務所のCHiCOさんなんですね。

このタイミングでアルバムの話とは、はて。
アルバムを引っさげたツアーの話をメインにするでしょうし、して欲しい。
メッセージ等はメールではなく、ID登録制のトークルームへの投稿という
慣れないシステムで、他人に見られるのが恥ずかしい人が多いのか、
自分含めて4人しか、まだ書いていないじゃないですか。
もっと盛り上げてくれないと、立場無いじゃないの!ヽ(`Д´)ノ

ちなみに「ポルカ」は使われていた為「ぽるか」にしたのだけれど、
カを力(チカラ)にすれば良かったと反省。

寿美菜子 Zepp Live Tour 2018 “emotion”の
チケット一般発売が始まり一週間。
ぴあで売り出されている整理番号を確認してみました。
東京1回目:1,150番台
愛知:670番台
大阪:770番台
東京2回目:1,350番台

前回のツアーでは、愛知公演をギリに買って870番。
大阪公演は整列時1,100番台の表示があった気がします。
まだ日にちがあるとはいえ、苦戦してるな・・・

本日4月12日放送の「おはスタ」に戸松遥さんがゲスト出演!


挨拶代わりのケータくんから、募集していた一言。
緊張なのか、表情がちょっと硬いかな。
(出演していない)ポケモンの話題で、急にコメントを振られた際には、
「ポケモンの体重」にコメントする可笑しさも。
スタジオがワチャワチャした時には、一緒にノッていた戸松さんでしたが、
我らからしてみたら、まだ「よそいきのはるちゃん」でしたね。

それにしても、ゲストが出ているイナイレ・妖怪ウォッチに
大きく時間を割くことなく終わった番組内容に、これ戸松さん要る?と
ゲストの無駄使いを感じてしまいました。